PR

JBoss Fuseを使ってみる その3:Webサービス編

2015年4月30日(木)
北東 孝雄

3.WebサービスをCamelルートから呼び出す

「2.CamelルートをWebサービス化する」で作成したそれぞれのWebサービスを、異なるCamelルートから呼び出す手順を説明します。以下の2つを実装します。

  • SOAP Webサービスを呼び出す
  • RESTful Webサービスを呼び出す

ここでもまず、これら2つのCamelルートのためのFuseプロジェクトを作成します。

クライアントFuseプロジェクトの設定

設定
Group Idcom.mycompany(デフォルト)
Artifact Idcamel-archetype-blueprintを選択後、wsclientに変更
Version1.0.0-SNAPSHOT
Package(Group IdとArtifact Idから自動生成)

作成後、不要なクラスやCamelルート、テストコードは削除しておきます。

次にFuseプロジェクト内の「pom.xml」に以下の依存ライブラリ設定を追加します。必ずpom.xml内の ~ 内に記述するようにしてください。

リスト11:pom.xmlに記述する依存ライブラリ

<dependency>
    <groupId>org.apache.camel</groupId>
    <artifactId>camel-cxf</artifactId>
    <version>2.12.0.redhat-610379</version>
</dependency>
<dependency>
    <groupId>org.apache.cxf</groupId>
    <artifactId>cxf-rt-transports-http</artifactId>
    <version>2.7.0.redhat-610379</version>
</dependency>
<dependency>
    <groupId>org.apache.cxf</groupId>
    <artifactId>cxf-rt-frontend-jaxws</artifactId>
    <version>2.7.0.redhat-610379</version>
</dependency>
<dependency>
    <groupId>org.apache.cxf</groupId>
    <artifactId>cxf-rt-frontend-jaxrs</artifactId>
    <version>2.7.0.redhat-610379</version>
</dependency>

SOAP Webサービスを呼び出す

【手順1】WSDLからJavaを生成する

SOAP Webサービスを利用する際には、WSDLからJavaを生成します。まず、事前にWSDLファイルをダウンロードし、wsclientプロジェクト内にインポートしておきます。ダウンロードは、URL「http://localhost:8181/cxf/order/?wsdl」から行います。WSDLからJavaプログラムを生成するツールとして、「wsdl2java」を使用します。pom.xmlの の間に、以下の内容を記述します。

リスト12:pom.xmlに追加する内容

<plugin>
    <groupId>org.apache.cxf</groupId>
        <artifactId>cxf-codegen-plugin</artifactId>
        <version>2.7.0.redhat-610379</version>
        <executions>
                  <execution>
                <phase>generate-sources</phase>
              <goals>
                <goal>wsdl2java</goal>
              </goals>
              <configuration>
                  <sourceRoot>
                      ${project.basedir}/generated
                  </sourceRoot>
                  <wsdlOptions>
                    <wsdlOption>
                        <wsdl>${project.basedir}/src/main/resources/wsdl/OrderEndpointService.wsdl</wsdl>
                        <extraargs>
                              <extraarg>-fe</extraarg>
                          <extraarg>jaxws21</extraarg>
                        </extraargs>
                    </wsdlOption>
                  </wsdlOptions>
              </configuration>
        </execution>
    </executions>
</plugin>

この設定により、「src/main/resources/wsdl/OrderEndpointService.wsdl」から生成されるJavaプログラムが「${project.basedir}/generated」に生成されます。

生成はmvn generate-sourcesで行います。JBDSではFUSEプロジェクトを右クリックし、[Run As]−[Maven generate-sources]で生成されます。以のようなクラスが生成されていることを確認します(図17)。

生成されるJavaコード

図17:生成されるJavaコード

生成されているクラスはそれぞれ以下のようなものになります。

生成されるJavaコード一覧

クラス概要
ObjectFactory.javaJavaとXMLの相互変換を行うためのクラス
Order.javaSOAPリクエストで使用されるXML型を表現するクラス
OrderEndpoint.javaWebサービスのリクエスト・レスポンスのインターフェース
OrderEndpointService.javaWebサービスクライアント。javax.xml.ws.Serviceの拡張クラス
OrderResponse.javaSOAPレスポンスで使用されるXML型を表現するクラス
package-info.javaパッケージ情報

【手順2】Camelルートの中でSOAP Webサービスを呼び出す

Camelルートとして次のような内容を作成します。

SOAPクライアントのCamelルート設定

設定
RouteContainer/wsclient/src/main/resources/OSGI-INF/blueprint
File namesoapClient.xml
FrameworkOSGi Blueprint

Designモード

SOAPクライアントのCamelクライアント

図18:SOAPクライアントのCamelクライアント

リスト13:SOAPクライアントのCamelクライアント(Sourceモード)

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<blueprint xmlns="http://www.osgi.org/xmlns/blueprint/v1.0.0"
       xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
       xmlns:camel="http://camel.apache.org/schema/blueprint"
       xmlns:cxf="http://camel.apache.org/schema/blueprint/cxf"
       xsi:schemaLocation="
       http://www.osgi.org/xmlns/blueprint/v1.0.0 http://www.osgi.org/xmlns/blueprint/v1.0.0/blueprint.xsd
       http://camel.apache.org/schema/blueprint/cxf http://camel.apache.org/schema/blueprint/cxf/camel-cxf.xsd
       http://camel.apache.org/schema/blueprint http://camel.apache.org/schema/blueprint/camel-blueprint.xsd">
  <cxf:cxfEndpoint id="soapClient"
        address="http://localhost:8181/cxf/order/"
        serviceClass="com.mycompany.wsserver.OrderEndpoint"/>
  <camelContext trace="false" id="blueprintContext" xmlns="http://camel.apache.org/schema/blueprint">
    <route>
        <from uri="timer:foo?period=30000"/>
        <transform>
            <simple>sample</simple>
        </transform>
        <to uri="cxf:bean:soapClient"/>
        <log message="メッセージ : ${body} "/>
    </route>
</camelContext>
</blueprint>

SOAPサービスを呼び出している箇所は、リスト13の強調されている行です。参照などについてはサーバーサイドと同様の実装になっています。

【手順3】ビルド、インストール、確認

ビルド、インストール、設定の確認方法はこれまでと同様です。インストールの際に設定するArtifact IDが異なる点にご注意ください。

JBossFuse:admin@root> osgi:install -s mvn:com.mycompany/wsclient/1.0.0-SNAPSHOT
Bundle ID: 335

SOAP Webサービスを30秒ごとに呼んでいることを確認します。

JBossFuse:admin@root> log:display -n 2
2015-03-19 19:32:01,483 | INFO  | ault-workqueue-1 | route22                          | ?                                   ? | 142 - org.apache.camel.camel-core - 2.12.0.redhat-610379 | メッセージ : OK : sample
2015-03-19 19:32:31,455 | INFO  | ault-workqueue-2 | route22                          | ?                                   ? | 142 - org.apache.camel.camel-core - 2.12.0.redhat-610379 | メッセージ : OK : sample

RESTful Webサービスを呼び出す

【手順1】Camelルートの作成

まず、以下のようなCamelルートを作成します。

RESTクライアントのCamelルート設定

設定
RouteContainer/wsclient/src/main/resources/OSGI-INF/blueprint
File namerestClient.xml
FrameworkOSGi Blueprint

Designモード

RESTクライアントのCamelルート

図19:RESTクライアントのCamelルート

リスト14:RESTクライアントのCamelルート(Sourceモード)

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<blueprint xmlns="http://www.osgi.org/xmlns/blueprint/v1.0.0"
       xmlns:camel="http://camel.apache.org/schema/blueprint"
       xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
       xmlns:cxf="http://camel.apache.org/schema/blueprint/cxf"
       xsi:schemaLocation="http://www.osgi.org/xmlns/blueprint/v1.0.0 http://www.osgi.org/xmlns/blueprint/v1.0.0/blueprint.xsd
       http://camel.apache.org/schema/blueprint/cxf http://camel.apache.org/schema/blueprint/cxf/camel-cxf.xsd
       http://camel.apache.org/schema/blueprint http://camel.apache.org/schema/blueprint/camel-blueprint.xsd">
  <cxf:rsClient id="restClient"
        address="http://localhost:8181"/>
  <camelContext trace="false" xmlns="http://camel.apache.org/schema/blueprint">
    <route>
        <from uri="timer:bar?period=40000"/>
        <setHeader headerName="Exchange.HTTP_PATH">
            <simple>/cxf/customer/add/0010/テスト/サンプル/20</simple>
        </setHeader>
        <setHeader headerName="Exchange.HTTP_METHOD">
            <simple>GET</simple>
        </setHeader>
        <setExchangePattern pattern="InOut"/>
        <to uri="cxfrs:bean:restClient"/>
        <log message="REST : レスポンスメッセージ : ${body}"/>
    </route>
</camelContext>
</blueprint>

複数のをGUIで設定していく作業は面倒ですが、Sourceモードでコピーペーストして設定することで、作業負荷を減らすことができます。

RESTサービスを呼び出しているのは、Sourceモード(リスト14)の強調箇所です。注意点として、cxfrsのデフォルトのMessage Exchange PatternはInOnlyなので、そのままの設定ではにおいてログ出力されない点が挙げられます。そこでにおいてMEPをInOutに変更し、レスポンスメッセージを取得するようにします。

【手順2】ビルド、インストール、確認

ビルド、インストール、設定の確認方法はこれまでと同様です。RESTサービスを40秒ごとに呼んでいることを確認します。

JBossFuse:admin@root> osgi:update 335
JBossFuse:admin@root> log:display -n 4
2015-03-19 20:09:59,869 | INFO  | 68 - timer://bar | route23                          | ?                                   ? | 142 - org.apache.camel.camel-core - 2.12.0.redhat-610379 | REST : レスポンスメッセージ : <?xml version="1.0" encoding="UTF-8" standalone="yes"?><CustomerList><customer id="0010"><age>20</age><firstName>テスト</firstName><lastName>サンプル</lastName></customer></CustomerList>
2015-03-19 20:10:19,925 | INFO  | ault-workqueue-3 | route24                          | ?                                   ? | 142 - org.apache.camel.camel-core - 2.12.0.redhat-610379 | メッセージ : OK : sample
2015-03-19 20:10:39,867 | INFO  | p1425932069-1484 | route20                          | ?                                   ? | 142 - org.apache.camel.camel-core - 2.12.0.redhat-610379 |
2015-03-19 20:10:39,870 | INFO  | 68 - timer://bar | route23                          | ?                                   ? | 142 - org.apache.camel.camel-core - 2.12.0.redhat-610379 | REST : レスポンスメッセージ : <?xml version="1.0" encoding="UTF-8" standalone="yes"?><CustomerList><customer id="0010"><age>20</age><firstName>テスト</firstName><lastName>サンプル</lastName></customer></CustomerList>

4.その他

インターネットを介して利用するようなサービスの中で、主なものは、独自のコンポーネントとして実装されています。

Webサービス関連のコンポーネント

コンポーネント概要
AWSAmazon Web Services連携のための各種コンポーネント。
AWS-CW、AWS-DDB、AWS-S3、AWS-SDB、AWS-SES、AWS-SNS、AWS-SQSなどの各コンポーネントが提供されている
FacebookFacebook連携のためのコンポーネント
GAEGoogle App Engine連携のための各種コンポーネント。
ghttp、gtask、gmail、gauth、gloginなどのコンポーネントが提供されている
SalesforceSalesforce連携のためのコンポーネント
TwitterTwitter連携のためのコンポーネント

Fuseには、Red Hatが提供するPaaS基盤であるOpenShift上で動作するカートリッジ、JBoss Fuse for xPaaSが提供されています。Webサービスを組み合わせて新規サービスを作るような場合、このJBoss Fuse for xPaaSを利用することで、クラウド基盤上で完結したシステムを構築することができます。

5.参考URL

レッドハット株式会社

JBossサービス事業部 JBossコンサルタント
大学にて哲学を専攻後、沖電気工業、日本ティブコソフトウェアを経て、2013年にレッドハットに入社。主にインテグレーション系製品のコンサルティングサービスに従事。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています