PR

ZabbixでSoftLayerを監視してみよう!

2015年6月3日(水)
三島 匡史

仮想サーバーにおけるZabbix Agentを使った監視

仮想サーバーにZabbix Agentをインストールし、Zabbix Serverによる監視を行います。

1.リポジトリの登録

今回の環境は、Zabbix ServerはZabbix2.4なので、Zabbix Agentも2.4を用います。仮想サーバーのOSはCentOS7なので、インストールするために次のようにリポジトリを登録します。

# yum install http://repo.zabbix.com/zabbix/2.4/rhel/7/x86_64/zabbix-release-2.4-1.el7.noarch.rpm

2.エージェントのインストール

yumコマンドにてエージェントをインストールします。

# yum install zabbix-agent

3.エージェントの設定

エージェントの入ったサーバーのホスト名とZabbixサーバーのIPアドレスを指定します。ホスト名はZabbixServerとエージェントの間での識別に利用され、Zabbix Serverでの監視の指定時にも使用します。

# vi /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf
 Hostname=zab2 ←修正

 Server=XX.XX.XX.1 ←修正

4.エージェントの起動とサービスの登録

Zabbix Agentのサービスの登録、起動を行います。

# systemctl enable zabbix-agent
# systemctl start zabbix-agent

サービス登録の確認

# systemctl --full list-unit-files |grep zabbix-agent
  zabbix-agent.service                  enabled  ←enabledになっていることを確認

サービス起動の確認

# systemctl --full | grep zabbix-agent
zabbix-agent.service    loaded active running   Zabbix Agent  ←runningになっていることを確認

5.ホストの登録

ホストを作成します。「設定」→「ホスト」→「ホストの作成」の順でクリックします。

  1. 「ホスト名」には3で指定したホスト名「zab2」を入力します。
    ここでは「新規グループ作成」にzabbixと入力し、グループを新規に作ります。
  2. 「エージェントのインターフェース」には仮想サーバーのIPアドレスを入力します。
  3. 続けて「テンプレート」タブをクリックし、「新規テンプレートをリンク」にて「選択」を押下し、テンプレートを選びます。
  4. ここでは「Template Os Linux」を選びました。その後、枠内にある「追加」をクリックします。
  5. 最後に一番下の「追加」をクリックすると、ホストが追加されます。

6.グラフの確認

仮想サーバーの監視データが取得できるようになったので、グラフを確認します。「監視データ」→「グラフ」の順でクリックします。ホストに「zab2」を選択し、グラフに「Memory usage」などを選択し、監視とグラフの生成が確認できます。

ベアメタルサーバーにおけるIPMIを使った監視

1.IPMI

SoftLayerでベアメタルサーバー利用する場合、IPMI(Intelligent Platform Management Interface)を使った監視を行えます。IPMIは物理サーバーのハードウエア管理を行うための標準的なインターフェースの仕様です。各社名前が異なりますが、最近のサーバーはIPMIに対応した専用のネットワークインターフェースが用意され、OSを介さずに直接サーバーのCPU、ファン、電圧等の物理情報を取得したり、物理的な電源のオン/オフを行うことができます。

1.ベアメタルサーバーのIPMI設定確認

ベアメタルサーバーを作成後、「Device List」から該当サーバーを選択し、「Remote Management」タブからIPMIに関する情報を確認できます。

「IPMI Status」が「On」であることを確認します。IPMIへの接続にはここに表示されているIPアドレス、ユーザー名、パスワード(Showチェックボックスにチェックし表示)が必要になります。この情報にてZabbixの設定を行います。

2.Zabbix Serverの設定

Zabbix ServerにてIPMI monitoringは有効になっていますが、StartIPMIPollersの設定がデフォルトでは0になっています。StartIPMIPollersはIPMIポーリング監視プロセスの起動数を指定するため、このままだとIPMIポーリング監視プロセスが起動せず、IPMIでのポーリングが行えません。IPMIでのポーリング監視を行うためには、次のようにStartIPMIPollersに1以上を指定し、Zabbix Serverを再起動します。

# vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf
  StartIPMIPollers=3 ←修正
# systemctl restart zabbix-server

3.ホストの登録

ホストを作成します。「設定」→「ホスト」→「ホストの作成」の順でクリックします。

  1. 「ホスト名」には「zab3」を入力します。
  2. ここでは「新規グループ作成」に「IPMI」と入力し、グループを新規に作ります。
  3. Zabbix Agentを使わない場合、「エージェントのインターフェース」は削除します。
  4. 「IPMIインターフェース」の追加をクリックし、1で確認したIPアドレスと、ポート番号623を入力します。

IPMIタブをクリックし、次の設定を行います。

認証アルゴリズムMD2
特権レベルユーザー
ユーザー名1で確認したユーザー名
パスワード1で確認したパスワード

最後に追加をクリックし、ホストを登録します。

4.アイテムの登録

「設定」→「ホスト」→登録したいホストの行の「アイテム」→「アイテムの作成」の順でクリックします。

アイテムの設定を行います。

  1. 名前には任意の名前を入力します。ここでは「SoftLayer_ipmi」としています。
    タイプには「IPMIエージェント」を選択します。
  2. キーはSoftLayerのIPMIからデータを取得するためのキーを指定します。ここでは温度を取得するためのキーを指定しています。
  3. ホストインターフェースにはホストの設定にて登録したIPMIインターフェースを選択します。
    IPMIセンサーには任意のセンサー名を指定します。
  4. その他必要に応じて設定し、最後に一番下にある追加をクリックします。

5.グラフの追加

「設定」→「ホスト」→登録したいホストの「グラフ」→「グラフの作成」の順でクリックします。

グラフの設定を行います。

  1. 名前には任意の名前を入力します。ここでは「SoftLayer_ipmi」としています。
  2. アイテムの欄の追加をクリックします。「アイテムの登録」で作成したアイテムを選択します。
  3. その他必要に応じて設定し、最後に一番下にある追加をクリックします。

グラフの確認
「監視データ」→「グラフ」。ホスト名とグラフ名を指定し、グラフが表示されていることを確認します。

6.グラフの確認

IPMI経由での監視データが取得できるようになったので、グラフを確認します。「監視データ」→「グラフ」の順でクリックします。ホストに「zab3」を選択し、グラフに「SoftLayer_ipmi」を選択し、監視とグラフの生成が確認できます。

テコラス株式会社
OSSを中心とした技術教育事業の開発・運営、インフラエンジニア、プロダクトマーケティングの経験を活かし、現在はテコラス株式会社にてサービスの企画に従事。日本CloudStackユーザー会ボードメンバー。趣味は料理、水耕栽培など。呑みの誘いは断らないが信条

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています