PR

オープンソース統合監視ソフト「ZABBIX 4.4」リリース

2019年10月11日(金)

ZABBIX.comは10月8日(現地時間)、オープンソースの統合監視ソフトウェア「ZABBIX 4.4」の提供を開始すると発表した。

「ZABBIX」は、サーバ、ネットワーク、アプリケーションを集中監視するための統合監視ソフトウェア。システム全体の監視、障害検知・通知や、グラフ、マップ作成によるリソース使用状況の可視化を行うことができる。

「ZABBIX 4.4」では、GO言語で実装された新しいエージェント「Zabbix Agent 2」が搭載されている。プラグインによって、多様なサーバやアプリケーションを監視できるようになる。また、外部のサービスとの連携が大幅に強化され、メッセージや障害通知なども利用できるようになった。このほかにも、新しくNginx、Apache、RabbitMQ、MySQL/MariaDB、PostgreSQLのテンプレートが追加されるなど、さまざまな新機能が追加されている。

「ZABBIX」はGPLの下で公開されており、Webサイトから入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック