PR

Windows Server 2012 R2におけるWindows 10クライアントのドメインへの参加

2015年10月29日(木)
廣澤 順樋口 勝一

Windowsドメインに、WindowsクライアントPCを参加させるには、簡単な手続きが必要です。Windowsクライアントには、Windows 7、Windows 8.1、Windows 10など異なるバージョンがありますが、それぞれ参加手順が若干異なります。ここでは、最新のWindows 10を例にドメインへの参加方法を紹介します。

LANの設定

LANの設定の詳細は、「Active Directoryユーザーとコンピューター」のときと同様ですので、ここでは省略します。

参加するドメイン名ad.local
ドメインに参加するクライアントPCのユーザーTanaka
Administrator権限を持つユーザーHirosawa

ドメインネットワークに参加するクライアントの設定

(1)Windows 10のシステム情報を起動

Windows 10の「コントロールパネル」−「システムとメンテナンス」−「システム」を開きます。スタートメニューを右クリックして、コンテキストメニューから「システム」を起動します。

(2)「システム」のプロパティ

「システム」の「設定と変更」ボタンをクリックします。

(3)ドメイン名変更

  1. 「システム」プロパティの「コンピューター名」タブをクリックします。
  2. 「変更」ボタンをクリックします。

(4)ドメインの変更

  1. 「ドメイン」ラジオボタンをクリックします。
  2. ドメイン名として「ad.local」を入力します。
  3. 「OK」ボタンをクリックします。

(5)アカウントを入力

ユーザー名「tanaka」とパスワードを入力して、「OK」ボタンをクリックしてみます。

(6)エラーメッセージの表示

tanakaのアカウントとパスワードでは、「サインインする前にユーザーのパスワードを変更する必要があります」というメッセージボックスが表示されます。権限を持たないアカウントでPCにログインした状態で、ドメイン参加時にパスワードを求められたら、管理者アカウントとパスワードをします。「OK」ボタンをクリックして、元のダイアログボックスに戻ります。

(7)Administrator権限を持つユーザーのアカウントを入力

  1. 再度、ドメイン名の変更ダイアログボックスで「OK」ボタンをクリックし、Windows Server 2012 R2のAdministrator権限を持つユーザーのユーザー名とパスワードを入力します。
  2. 今度は、管理者権限のあるhirosawaでログインします。

(8)ドメインへの参加完了

「ad.localドメインへようこそ」というメッセージボックスが表示されます。「OK」ボタンをクリックします。

(9)Windowsの再起動

「これらの変更を適用するには、お使いのコンピューターを再起動する必要があります」というメッセージボックスの「OK」ボタンをクリックします。

(10)「システム」プロパティを閉じる

いったん、ダイアログボックスに戻り、「システムのプロパティ」の「閉じる」ボタンをクリックします。

(11)今すぐ再起動

Windowsのシステムメッセージダイアログボックスの「今すぐ再起動する」ボタンをクリックします。

(12)サインイン先の切り替え

  1. 再起動後、サインイン画面において「他のユーザー」を選び、ユーザー名とパスワードを入力します。
  2. サインイン先が「AD」になっていることを確認します。
  3. 「Enter」キーを押すか、「→」アイコンをクリックします。

(13)他のユーザーでのサインイン

  1. Active Directoryユーザーとコンピューターの設定で、「ユーザーは次回ログオン時にパスワード変更が必要」をチェックしているので、「サインインする前にユーザーのパスワードを変更する必要があります。」というメッセージが表示されます。
  2. 「OK」ボタンをクリックします。

(14)新しいパスワードの入力

  1. 「新しいパスワード」と「パスワードの確認入力」が求められますので、パスワードを2回入力します。
  2. 「Enter」キーまたは、「→」をクリックします。

(15)パスワードの確認

  1. 「新しいパスワード」「パスワード確認入力」が済んだら、「Enter」キーを押すか、「→」アイコンをクリックします。
  2. 「パスワードを変更しています」というメッセージが表示されます。

(16)パスワードの変更を確認

  1. 「パスワードが変更されました。」というメッセージが表示されるので、「OK」ボタンをクリックします。
  2. 「ようこそ」というメッセージが表示されたあと、ドメイン用のデスクトップの準備が開始されます。ここでしばらく待ちます。

(17)ドメインユーザー用のデスクトップ

デスクトップが表示されたら、スタートメニューから、エクスプローラーを起動します。スタートメニューにも、ドメインのアカウント名が表示されます。ユーザーのプロファイル情報が、ドメイン用のものに切り替わるためです。

(18)ドメイン参加後の確認

コマンドプロンプトを起動し、「set logonserver」と入力して、ドメインコントーラーの名前がでればOKです。

(19)ネットワークの探索とファイル共有の有効化

  1. エクスプローラーが起動されたら、画面の左ペインで、「ネットワーク」をクリックします。
  2. エクスプローラー上部のメッセージをクリックして、「ネットワークの探索とファイル共有の有効化」をクリックします。

(20)Administrator権限のアカウントを入力

Administrator権限を持つ、ユーザー名とパスワードを入力します。

(21)ネットワークへの接続

ネットワークに接続されているほかのコンピューターが表示されます。

フリーランスライター
GMOインターネット株式会社 Windowsソリューション チーフエグゼクティブ

GMOインターネットでWindowsのサービス開発運用に関わって16年、数年単位で進化し続けるMicrosoftのWindowsは新しもの好きにはたまらない製品です。自動販売機に見たことのないジュースがあれば、迷わすボタンを押します。そんなチャレンジが僕の人生を明るく、楽しくしてくれています。

お名前.com デスクトップクラウド
http://www.onamae-desktop.com/

お名前.com VPS Hyper-V
http://www.onamae-server.com/vps/hyperv/

連載記事一覧

Think IT会員サービスのご案内

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスのご案内

関連記事