PR

Windows Server 2012 R2における共有フォルダーの作成

2015年11月12日(木)
廣澤 順樋口 勝一

複数のクライアントPCでネットワーク上のファイルを共有するには、サーバーに共有フォルダーを作成します。サーバーに搭載されたハードディスクに作成したフォルダーを共有することで、各クライアントPCから共有ディスクスペースを利用可能になります。

Windows Server 2012 R2では、ファイルサービスと記憶域のサービスは、あらかじめインストールされているので、改めてサービスをインストールする必要はありません。

ここでは、新たにサーバーに接続したハードディスクに営業部の共有フォルダーを作成し、スタッフ間でファイルの共有が行えるようにします。

  • 増設されたハードディスク:100GB
  • 共有するフォルダー名:営業部
  • サーバーのハードディスク内(ボリュームE:)に、営業部のスタッフすべてが利用する共有フォルダーを作成します。

(1)共有フォルダーを作成するドライブを開く

スタートメニューを右クリックして、コンテキストメニューから「エクスプローラー」を選択し、エクスプローラーを起動します。

(2)ボリュームの選択

エクスプローラーウィンドウの右ペインで、ボリューム(E:)アイコンをダブルクリックします。

(3)フォルダーの新規作成

ボリュームE:が選択された状態で、右ペインを右クリックして、コンテキストメニューを開き、「新規作成」−「フォルダー」を選びます。

(4) 新しいフォルダー

「新しいフォルダー」と表示されます。

(5)フォルダー名の入力

「新しいフォルダー」の名前が変更可能な状態で、「営業部」と入力します。

(6)フォルダーの共有設定

・システムメニューの「共有」をクリックし、リボンを表示します。・「特定のユーザー…」をクリックします。

(7)許可するユーザーの追加

・「ファイルの共有」ダイアログボックスが表示され、「ネットワーク上の共有相手となるユーザーを選択してください」というメッセージが表示されます。

(8)ユーザーの選択

・プルダウンメニューから、「Everyone」を選択します。(コラム Everyone参照)

(9)ユーザーの追加

Everyoneを選択したら、プルダウンメニュー右側の「追加」ボタンをクリックします。

(10)アクセス許可レベルの設定

・アクセス許可レベルのプルダウンメニューを開き、「読み取り/書き込み」を選択します。・「共有」ボタンをクリックします。

(11)共有設定の反映

「終了」ボタンをクリックします。

【コラム】Everyone

Everyoneは、Windows Server 2012 R2にあらかじめ登録されている、ビルトインアカウントの1つです。すべてのユーザーを表すアカウントです。ここでは、Everyoneを指定することで、すべてのユーザーに「読み取り/書き込み」の許可を与えます。

フリーランスライター
GMOインターネット株式会社 Windowsソリューション チーフエグゼクティブ

GMOインターネットでWindowsのサービス開発運用に関わって16年、数年単位で進化し続けるMicrosoftのWindowsは新しもの好きにはたまらない製品です。自動販売機に見たことのないジュースがあれば、迷わすボタンを押します。そんなチャレンジが僕の人生を明るく、楽しくしてくれています。

お名前.com デスクトップクラウド
http://www.onamae-desktop.com/

お名前.com VPS Hyper-V
http://www.onamae-server.com/vps/hyperv/

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています