PR

Windows Server 2012 R2でディスクを増設する

2015年11月5日(木)
廣澤 順樋口 勝一

Windows Serverのインストールされているハードディスクとは別に、新しいハードディスクを接続し、初期化、フォーマットして、利用可能な状態に設定します。こうしたハードディスクの設定に関する作業には、「コンピューターの管理」−「ディスク管理」を使います。

追加されるハードディスク

ここでの実行例は、仮想マシン上にインストールしたサーバーで行っていますので、サーバーへの新しく追加されるハードディスクも物理的なハードディスクではなく、仮想的なハードディスクです。ハードディスクの容量としては、100GBを割り当てます。

新規ハードディスクの接続

(1)サーバーマネージャーの起動

サーバーマネージャーを起動し、ツールメニューから「コンピューターの管理」をクリックします。

(2)ディスクの管理

「コンピューターの管理」コンソールの左ペインの「ディスクの管理」をクリックします。

(3)ハードディスクの接続

  1. 「ディスク1」(不明100GB、オフライン)と表示された、左の矩形部分を右クリックします。
  2. 表示されたコンテキストメニューの「オンライン」を選択します。

(4)ハードディスクのフォーマット

  1. もう一度「ディスク1」を右クリックします。
  2. 表示されたメニューから、「ディスクの初期化」を選び、オンラインになったハードディスクを初期化します。

(5)ディスクのパーティションスタイルの選択

パーティションの形式にGPT(GUIDパーティションテーブル)を選びます(コラム GPTとMBRパーティションテーブルを参照)。

(6)ボリュームの選択

「未割り当て領域」の部分を右クリックして、「新しいシンプルボリューム」を選択します。

(7)新しいシンプルボリュームウィザードの開始

ウィザードが開始されるので「次へ」ボタンをクリックします。

(8)ボリュームサイズの指定

  1. デフォルトでは、割り当て可能な最大ディスク容量が表示されます。
  2. ここでは、領域のすべてをフォーマットするので、このまま、「次へ」ボタンをクリックします。

(9)ドライブ文字の割り当て

  1. ドライブ文字に「E:」を割り当てます。
  2. 「次へ」ボタンをクリックします。

(10) フォーマットの設定

ファイルシステム「NTFS」、アロケーションユニットサイズ「既定値」、ボリュームラベル「ボリューム」のまま、「次へ」ボタンをクリックします。

(11)パーティション設定の完了

  1. 設定した項目が表示されます。
  2. 「完了」ボタンをクリックします。

(12)パーティションのフォーマット

  1. フォーマットが開始され、終了するまでしばらく待ちます。
  2. 「未割り当て」領域がフォーマットされ、利用可能になります。

【コラム】GPTとMBRパーティションテーブル

Windows Serverでは、GPT(GUID Partition Table)形式パーティションのディスクをGPTディスクと呼びます。IBM PCの時代から、ハードディスクのパーティションの形式は同じだったのですが、ディスク容量の増大に対応するために、GPTが提案され、最近のハードディスクのパーティションは、GPT形式が多く使われています。

昔から使われているパーティションテーブルの形式には、特に名前はなかったのですが、GPTと区別するために、MBRパーティションテーブルと呼ばれています。MBR自体はMaster Boot Recordの略語なので、ハードディスクの最初のセクタ(512バイト)のことです。ここには、BIOSから読み出されるブートストラップコードやパーティションテーブルが書き込まれています。

フリーランスライター
GMOインターネット株式会社 Windowsソリューション チーフエグゼクティブ

GMOインターネットでWindowsのサービス開発運用に関わって16年、数年単位で進化し続けるMicrosoftのWindowsは新しもの好きにはたまらない製品です。自動販売機に見たことのないジュースがあれば、迷わすボタンを押します。そんなチャレンジが僕の人生を明るく、楽しくしてくれています。

お名前.com デスクトップクラウド
http://www.onamae-desktop.com/

お名前.com VPS Hyper-V
http://www.onamae-server.com/vps/hyperv/

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています