PR

データベースの災害対策を考える

2009年10月22日(木)
山本 祐介

システムの災害対策の実態

 第4回のテーマは、「データベースの災害対策を考える」。前回の「データベースの障害対策を考える」(http://thinkit.jp/article/1050/1/)の続きです。昨今では災害が増えていることもあって、システムに災害対策を施したいという声は非常に多いのですが、同時になかなか実施までには至らないという声もよく聞きます。

 今回は、多くの企業が災害対策の実施にまで至らない“理由”を解き明かすとともに、現実的な対処方法を解説します。あわせて、直近のトピックとして、最新版の「Oracle Database 11g Release 2」で加わった新機能や、クラウド・ストレージ「Amazon S3」への対応について解説します。

 まずは、災害対策の現状を、いくつかの資料を基に把握してみます。

(a)基幹系システムを複数個所で多重化しているのは約2割
 JUAS(社団法人日本情報システム・ユーザー協会)の「企業IT動向調査2009」(http://www.juas.or.jp/project/survey/it09/)によると、基幹系システムを「複数個所で多重化している」のは、前年度比微増の19%(「1個所で多重化している」は44%)。

(b)基幹系システムの稼働率目標を設定しているのは約6割
 同じくJUASの「企業IT動向調査2009」によると、基幹系システムの稼働率目標を設定しているのは、前年度比微増の61%(99.9%以上の目標=年間停止9時間以内を設定しているのは53%)。

(c)IT予算に占める災害対策費用の割合は約6%
 「CIO Magazine IT投資動向調査2009」(http://www.ciojp.com/contents/?id=00005089%3Bt=5)によると、災害対策関連費用のIT投資に占める割合は、前年度と変わらず5.8%。

 以上の数字を見て、どのような感想を持たれるでしょうか?各リンク先には企業規模別の数値データも掲載されていますので、災害対策を考えるうえで参考になるかも知れません。

 上記(a)のように、基幹システムに限った場合でも、複数個所で多重化している例は2割に過ぎません。この理由としてもっとも多く聞くのが、「費用対効果を考えると複数個所での多重化は難しい(複数個所での多重化は費用がかかりすぎる)」という声です。さらに、上記(c)のように、災害対策単体の費用が浮き彫りになると、費用対効果の観点で災害対策への投資が難しくなります。今回は、この災害対策への障壁について、いくつかの事例を使って解説します。

 以降は、以下のような流れで解説を進めます。

1.データベースの災害対策を検討する
2.Oracle Databaseの災害対策の方法
3.災害対策環境を最大限に生かす
4.Oracle Databaseは画像や文書も災害から守る
5.クラウドストレージでデータを保護する

現状と優先度を把握して対策方法を決定する

■1.データベースの災害対策を検討する

 まずは、データベースの災害対策を検討する3つのステップについて解説します。災害対策を含むBCP(事業継続計画)を検討する際には、ITシステム以外の要素も非常に重要ですが、今回はITシステムに限って解説します。

 データベースの災害対策を検討するステップとしては、以下の様な流れが一般的です。

■1.1.システムの現状を把握する

 個別のシステムについて把握するのと同時に、図1のようなシステムマップを作成し、各業務システム間の関連性・依存性も把握します。

■1.2.各システムが停止した場合のビジネス・リスクを洗い出し、保護・復旧の優先順位を検討する

 優先順位の設定にあたり、まずはRPO(Recovery Point Objective)とRTO(Recovery Time Objective)を各システムに設定します。RPOはリカバリ・ポイントの目標です。どのくらいのデータ消失を許容できるかを示します。一方、RTOはリカバリ・タイムの目標です。どのくらいのダウン・タイムを許容できるかを示します。

 大手食品企業の例(http://www.oracle.co.jp/iSeminars/081203_1100/20081202_SP_BCP.pdf)を紹介します。こちらの資料では、どのように優先順位を決定しているかの詳細が分かります。

■1.3.各システムの優先順位に応じた対策方法を検討する

 対策方法の具体例は次ページ以降で解説しますが、Oracle Databaseが備える機能を利用するのはもちろんのこと、昨今話題になっているクラウド・サービスを利用する選択肢もあります。今回は、クラウド・ストレージ「Amazon S3」を活用する方法についても紹介します。

 アプリケーションを含めた災害対策では、SaaSを利用する方法もあります。例えば、Oracleが提供しているSaaS型のアプリケーションは、米国にあるAustin Data Center(http://crmondemand.oracle.com/jp/why-oracle/ondemand/index.htm)という堅固なデータセンターで運用しています。企業規模が小さくなるほどIT予算に対する災害対策費用の割合が高まる傾向があるので、SaaSという選択肢も有力です。

日本オラクル株式会社
Oracle Direct / Technical Service Group 所属。Oracle Database, In-Memory Solution, 仮想化などの製品を担当し、プリセールス活動やオンラインセミナー(Oracle Direct Seminar: http://www.oracle.co.jp/direct/seminar/)等による情報発信を行う。現在はWindows Server上でのOracle製品活用を推進している(http://www.oracle.co.jp/campaign/mb_tech/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています