PR

Azure AppFabricを用いたオンプレミスとAzureの連携

2010年1月18日(月)
勇 大地

はじめに

2010年1月31日まで無料で利用可能なWindows Azure platform、皆さま活用していらっしゃるでしょうか。Windows Azure platformに限らずクラウド・サービスでシステムを構築する場合、従来のシステム構築とは考え方の異なる点が多く、戸惑う人も多いと思います。

また、Windows Azure platformの機能は膨大であり、バージョン・アップやサービス名の変更が行われていますので、全機能を把握することはなかなか難しいと思います。

本連載では、Windows Azure platform上のシステムとオンプレミス・システム(自社設置・システム)の連携を行う際に重要な機能を提供する、「Windows Azure platform AppFabric」について紹介したいと思います。

連載を通して「Windows Azure platform AppFabric」とは何か、どういった機能があるのか、を理解していただければ幸いです。また、Windows Azure platform上のシステムとオンプレミス・システムを連携させるシナリオを想定し、Windows Azure platform AppFabricの利用例を紹介します。

連載第1回となる今回は、Windows Azure platform AppFabricが提供する機能について解説し、同機能を利用した簡単なアプリケーションの動作確認を行います。

なお、お読みになる際に以下のスキルがあれば、より理解が深まります。ご参照ください。

  • .NET Frameworkについての基礎スキル
  • Windows Communication Foundation(WCF)についての基礎スキル
  • Windows Azure platformにアプリケーションをデプロイして動作確認済み

※WCFなどの.NET Frameworkの基礎スキルを学習するには、「Code Recipe -.NET 開発サンプル コード集」がオススメです。

【本連載における開発環境】

AppFablicには2種類ある

Windows Azure platform AppFabricは、オンプレミス・システムとWindows Azure platform上のシステムを連携させるための機能を提供します。一方で、「Windows Server AppFabric」は、Windows Server 2008 RC2向けに提供された機能です。

以下では、それぞれについて説明します。

(1)Windows Azure platform AppFabric

以前は「.NET Services」と呼ばれていた機能であり、オンプレミス・システムやWindows Azure platform上のシステムに接続するための機能を提供します。同機能を用いることで、エンタープライズ(企業の情報システム)をクラウドに適用するためのアーキテクチャーとして提唱されている「ソフトウェア+サービス」を容易に実現することができます。

具体的には、インターネット越しにサービスを利用する際に問題となる「ファイアウォール越しサービスの接続問題」、「シングル・サインオンの問題」、「非同期サービス連携実現の問題」を解決する機能です。

(2)Windows Server AppFabric

本記事では深く取り扱いませんが、Windows Server AppFabricについても簡単に紹介します。

Windows Server AppFabricは、IIS(Internet Information Services)上で動作するアプリケーションを容易に「構築」、「運用」し、さらに「スケール」させる機能を統合しています。

コードネーム「Dublin」と呼ばれるWCFやWF(Windows Workflow Foundation)を拡張する機能と、コードネーム「Velocity」と呼ばれる分散メモリー・キャッシュ機能を統合し、Windows Server 2008 RC2向けに提供されています。

Windows Server AppFabricの詳細な機能を知りたい場合は、MSDN(Microsoft Developer Network)に公開されている情報を別途参照してください。

次ページからは、Windows Azure platform AppFabricの機能について解説していきます。

野村総合研究所(NRI)
野村総合研究所に入社後、主にJava/Webのフレームワーク開発・普及に従事している。プライベートでは.NET系の技術が好きで、Windows AzureやSilverlightに興味を持ち独自に学習している。趣味はひきこもる事で、机の半径2メートル以内が主な生活エリア。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています