PR

WCF+Silverlightで作るリアルタイムWeb(前編)

2011年3月15日(火)
高尾 哲朗(監修:山田祥寛)

はじめに

第3回の今回は、WCF+Silverlightでの双方向通信を解説します。

WCF+Silverlightでのシステムの構成は、サーバーとクライアント双方にメッセージ開始のメカニズムを作成するという構成になります。WCF+Silverlightの場合、Cometのようにシンプルなクライアントでは、双方向通信を実現できません。そのため、クライアント側にも大量のプログラムが必要になります。

この大量のプログラムをVisual Studioが自動生成する「プロジェクション」という仕組みがあり、その構築工数を格段に下げることができます。プロジェクションとは、サーバーのオブジェクトをクライアントに射影する技術で、クライアント、サーバー間のプログラム作成やデバッグ作業を軽減することができます。Visual Studioは、サーバーのオブジェクトをクライアントで操作するためのプログラムコードを自動生成します。

WCFサービスの場合は、サービスコントラクトというインターフェースをクライアントに公開します。このコントラクトに属性を設定することで、サービスを利用するクライアントプログラムを作成する際に、[サービス参照の追加]を行うと、この属性ごとにクライアント側に必要なプログラムコードが自動生成されます。

また、Silverlightによって、クライアント側のコードが隠ぺいされるため管理がしやすいというメリットもあり、双方向通信の3つのアプローチで、最もすぐに開発を開始でき、挙動を確認できるのがWCF+Silverlightでの実装です。

今回のサンプルファイルはこちらからダウンロードできます (zip形式/887KB)。

開発環境 バージョン
開発に必要な構成
Windows Windows 7、Vista、XP SP2以上、および2003以上のサーバーOS
※WCFのコアとなるDLLは、System.ServiceModel.dllで提供されるもので、上記のOSでは、既定でインストールされています。
※双方向通信を行うPollingDuplexHttpBindingはIIS 7.0以上で利用できます。Windows 2003 Serverで提供されるIIS6.0では、HTTP通信のみをサポートします。そのため、IISのWebサービスでなくWindows OSのWindowsサービスとしてWCFをサービスすることでPollingDuplexHttpBindingが使えます。
.NET Framework .NET Framework 2.0以上
統合開発環境 Visual Studio 2008 SP1以上の開発環境
Silverlight Silverlight 3以上+SDK
※双方からWCFサービスを公開するためのPollingDuplexHttpBindingはSystem.ServiceModel.PollingDuplex.dllで提供されており、このDLLはSilverlight 3 Toolsから提供されています。

つまり、Silverlight SDKの追加インストールのみで開発環境を構築できます。 皆さんの環境に合わせて、以下をインストールしてください。

開発環境のリスト

Silverlightデベロッパーセンターより ※ToolsにはSDKが含まれています。

本稿ではVisual Studio 2010とSilverlight 4、.NET4.0のC#を使った解説を行っています。皆さんの環境に合わせて読み替えてください。

著者
高尾 哲朗(監修:山田祥寛)
WINGSプロジェクト

有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表:山田祥寛)。おもな活動は、Web開発分野の書籍/雑誌/Web記事の執筆。ほかに海外記事の翻訳、講演なども幅広く手がける。2011年3月時点での登録メンバは36名で、現在もプロジェクトメンバーを募集中。執筆に興味のある方は、どしどしご応募頂きたい。著書多数。
http://www.wings.msn.to/

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています