PR
連載: 

組み合わせ可能な認証系モジュール

2008年8月8日(金)
Shin.鶴長

Basic認証の設定

 Basic認証のための設定は図2のとおりです。これはhttpd.confファイルに記述します。Apache起動時に、読み込むモジュールを追加するには、冒頭3行のような「LoadModule」を使用しますが、Basic認証のためのモジュールは、標準で設定されているため追加の必要はありません。

 続く「」でBasic認証の対象となるディレクトリを指定します。パスワード認証をディレクトリに対して設定する場合は「」コンテキストを、URLに対して設定する場合は「」コンテキストを使用します。コンテキストの中で「AuthType/AuthName/AuthUserFile/Require」ディレクティブを使ってBasic認証に必要な項目を設定します。設定方法は図2を参考にしてください。

 ほかにも認証制限を実施しているディレクトリやURLがある場合には、「AuthName」に指定する文字列を重複しないようにします。この文字列をもとにWebブラウザはユーザー名とパスワードを記憶します。

 パスワード認証が必要なURLにアクセスした場合には、Webブラウザは記憶している文字列と、サーバーから送られてくる文字列を比較し、アクセスしたことがあるURLか、もしアクセスしたことがあれば、その時パスワード認証に成功していたかどうか判断します。もしそうであれば記憶されたユーザー名とパスワードを使ってURLにアクセスし、ユーザーが直接、ユーザー名やパスワードを入力する手間を省きます。AuthNameで指定された文字列は、パスワード入力画面に表示されるだけでなく、このような用途にも使用されています。

 「AuthUserFile」ではユーザー名とパスワードを記載したユーザー情報ファイルを指定します。ユーザー情報ファイルの作成、更新には以下のように「htpasswd」コマンドを使用します。

# htpasswd -c /etc/httpd/conf/htpasswd.dat user
(「/etc/httpd/conf/htpasswd.dat」ファイルを新規作成する場合。「user」は登録するユーザー名)

# htpasswd /etc/httpd/conf/htpasswd.dat user
(作成済みのファイルに、ユーザー「user」を追加する場合)

 ここまでが、一般的なBasic認証の設定です。設定終了後Apacheを再起動し、Basic認証が機能していることを確認します。

エラーログから認証系モジュールの役割を知る

 次に3タイプのモジュールの役割を理解するために、順番に「LoadModule」行をコメントアウトします。コメントアウトには「#」を行頭に挿入します。例えば1行目をコメントアウトし、「#LoadModule auth_basic_module modules/mod_auth_basic.so」とした場合、認証制限されたURLへアクセスすると「configuration error: couldn't check user. No user file?: /foo」と、正しいユーザーかどうかチェックすることができない(=認証できない)といった内容をエラーログに出力します。

 また2行目「mod_authz_user」をコメントアウトした場合、「configuration error: couldn't check access. No groups file?: /foo/」といったエラーで、ユーザーアクセスを制御(=アクセス承認)できていないことが分かります。

 3行目の「mod_authn_file」をコメントアウトした場合には、設定ファイルの構文チェックで引っかかり、Apacheを起動することさえできません。その時に表示されるログは「Invalid command 'AuthUserFile', perhaps misspelled or defined by a module not included in the server configuration」といったもので、「AuthUserFile」ディレクティブを使用できない(=ユーザー情報の保存読み出しができない)ことが分かります。

 さらに各モジュールの働きを理解するために、次のページでは新たなモジュールを組み合わせ、Basic認証をアレンジします。

愛知県出身、東京都在住。現在通信会社勤務。在学中にかかわったISPの立ち上げにはじまり、古くからオープンソースソフトウェアに親しみ、現在ではシステム構築を中心に執筆を手がけている。

Think IT会員サービスのご案内

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスのご案内

関連記事