PR

ファーストサーバ、クラウドベースのホスティングサービスの提供を開始

2015年2月10日(火)

ファーストサーバは2月5日、新サービスブランド「Zenlogic(ゼンロジック)」を立ち上げ、第一弾のサービスとしてクラウドベースのホスティングサービス「Zenlogicホスティング」を提供開始した。

ビジネスシーンでのクラウド活用が進む一方で、IT専門部門やIT担当者を持たない中小企業でのクラウドサービスの導入はスキル面やコスト面に障壁があった。ファーストサーバでは、これらの中小企業にも従来のレンタルサーバーと変わらない手軽さ、使いやすさと料金で、クラウドのメリットを享受してもらいたいと考え、今回のサービスを開発した。

新サービスを支える基盤には、ヤフーが開発した高いセキュリティレベルと安定性を持つIaaS型クラウド基盤を採用し、ホスティングは1契約につき1つの仮想マシン(VM)を占有的に割り当て提供する仕組みとなっている。これにより、クラウドの特性を生かしたホスティングサービスの提供が可能になり、メモリ/CPU/ハードディスクの「リソース保証型のサービス」を低価格で提供する。それに加え、リソースの増減もできるため、ビジネスの拡大に伴い、よりリソースが必要な場合にも柔軟に対応ができる。また、従来型レンタルサーバーと違い新サービスでは一般的なSaaSのように同一サービスを改善し続ける。これらにより、ユーザーはサーバーの乗り換えを気にすることなくサービスを使い続けることが可能になる。

さらに、安心・安全への取り組みとして、Webアプリケーションを通した不正侵入を防御することのできるWAFを標準導入、データのバックアップはユーザーのサーバーとは物理的に異なるバックアップシステムにて日次取得で3世代分を保持している。

ファーストサーバでは、新サービスは従来のレンタルサーバー事業を根本的に変えるものであり、自社で所有していたサーバーを全てクラウドに移行することで、自身の事業モデルを「物理的なリソース貸し業者」から「顧客志向のサービス提供事業者」へと転換を図っていく。

顧客サポートにおいては、さらなる品質の向上はもちろん、個々の問い合わせやユーザーのビジネスの課題にあわせて、高い専門技術をもったスタッフがサービスの提供と支援に取り組んでいく。


Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています