PR

NetAppがクラウドネイティブなワークロードにも対応したハイパーコンバージドインフラの新製品を紹介

2019年3月22日(金)
松下 康之 - Yasuyuki Matsushita
NetAppがSolidFireのオールSSDストレージと汎用サーバーを組み合わせたHCIの新製品を紹介。

ストレージの専業メーカーであるNetApp、その日本法人であるネットアップ合同会社がハイパーコンバージドインフラストラクチャー製品であるNetApp HCIの新製品を紹介した。NetAppにはすでにCiscoが共同で開発したFlexPodという製品ラインがあるが、NetApp HCIはFlexPodとは別の製品として新たにサーバーとストレージを組み合わせて提供するものだ。ストレージ部分は、NetAppが2016年に買収したSolidFireのオールフラッシュストレージだ。解説したのは、ネットアップ合同会社システム技術本部ソリューションアーキテクト部の部長、神原豊彦氏だ。

解説を行うNetAppの神原氏

解説を行うNetAppの神原氏

「HCI」という名称を使っているが、NetAppはこれをHybrid Cloud Infrastructureの略であるという。サーバーとストレージが融合したハイパーコンバージドインフラストラクチャーでありながらも、Nutanixなどの先行するHCI製品とは差別化を行いたいというのが本音だろう。

NetApp HCIの実体は、インテルのSkylakeアーキテクチャーのCPUを搭載した汎用サーバーに、SolidFireのオールフラッシュストレージを組み合わせた製品である。ソフトウェア的には仮想化の部分にVMwareのESXiを採用し、管理コンソールもvCenterである。ストレージはSolidFireのElement OSをそのまま使い、vCenterから透過的に管理が可能であるという。VDIなどのためにNVIDIAのGPU、Tesla M100を搭載したモデルもあり、Nutanixなどが辿った道を急ぎ足で追いかけているようにも見える。

クラウドネイティブなシステムという部分ではNetAppもその流れを認識しているようで、Kubernetesがコンテナオーケストレーションの中心であることを認めており、NetApp Kubernetes ServiceというSaaSベースの製品を発表している。これは2018年に買収したStackPointCloudのサービスを、NetAppブランドで提供するものだ。そのポイントは、WebのコンソールからAWS、Azure、GCPなどのパブリッククラウドのKubernetesインスタンスの管理と同じレベルで、オンプレミス上のKubernetesクラスターを管理できる部分だという。

神原氏によるNetApp Kubernetes Serviceの概要

神原氏によるNetApp Kubernetes Serviceの概要

神原氏は「オンプレミスのHCI上にOpenShiftを載せることで、パブリッククラウドと同じようにKubernetesを利用できる」と説明する。特にTridentと呼ばれるKubernetesに対してストレージをプロビジョニングするツールを提供することで、NetAppのストレージとコンテナをつなぐことが可能になることを解説した。

パブリッククラウドとオンプレミスを統合するNetApp Kubernetes Service

パブリッククラウドとオンプレミスを統合するNetApp Kubernetes Service

NutanixがKarbonというNutanix製のKubernetes実装にこだわる姿勢を見せていることと対比すると、VMware ESXi、vCenter、OpenShift、NetApp Kubernetes Serviceというセットで実装するやり方は、エンタープライズ企業が多いVMwareのユーザーを最優先のターゲットとして、すでに定評のあるソフトウェアを揃えることで導入のハードルを下げる方策に思われる。VMwareユーザーであれば、純正のvSANを使うという選択肢もあるだろうが、SolidFireのストレージを選択するのであれば、NetApp HCIも検討に値するだろう。しかし運用管理者にとってはVMwareベースのNetApp HCIそしてElement OSの管理まで想定する必要があり、管理の容易さではNutanixがリードしているようにも見える。

NetAppのカタログにあるHCIのアーキテクチャー

NetAppのカタログにあるHCIのアーキテクチャー

いずれにせよ、オープンソースソフトウェアをカスタマイズして提供するNutanixと、VMwareやRed Hatのソリューションに定評のあるSolidFireを組み合わせたNetApp HCIでは方向性がかなり異なると言える。特にKubernetesクラスター以外にも既存のVMware環境があり、それらとの接続性、管理機能を重要視するのであれば、VMwareの仮想化基盤とSolidFireのストレージを組み合わせたNetApp HCIは、有望なシステムとして検討の対象にすべきだろう。

著者
松下 康之 - Yasuyuki Matsushita
フリーランスライター&マーケティングスペシャリスト。DEC、マイクロソフト、アドビ、レノボなどでのマーケティング、ビジネス誌の編集委員などを経てICT関連のトピックを追うライターに。オープンソースとセキュリティが最近の興味の中心。

連載バックナンバー

業務アプリイベント

楽天の導入事例で見えたRPAは「ソフトウェア開発」というリアル

2019/4/3
RPAのトップベンダーであるBlue Prismが都内でカンファレンスを開催。ソフトウェアロボットを活用した業務効率化の実践について、楽天などのユースケースを紹介した。
ストレージイベント

NetAppがクラウドネイティブなワークロードにも対応したハイパーコンバージドインフラの新製品を紹介

2019/3/22
NetAppがSolidFireのオールSSDストレージと汎用サーバーを組み合わせたHCIの新製品を紹介。
開発ツールイベント

Red HatがクラウドベースのIDE、CodeReady Workspacesを発表

2019/3/14
ラップトップPCとIDEによる開発の問題を解消するクラウドベースのIDE、CodeReady WorkspacesがRed Hatから発表された。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています