PR
連載 [第272回] :
  週刊VRウォッチ

映像特化スマートグラス「Nreal Air」の予約受付が開始、KDDIとドコモが3月4日に発売

2022年2月21日(月)
Mogura VR
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。

先週もVR/ARに関する多くのニュースが報じられました。中でも注目すべきは、映像特化スマートグラス「Nreal Air」の予約受付が開始したニュースでしょう。

KDDI株式会社と株式会社NTTドコモは、「Nreal Air」の予約受付を開始しました。発売日は両社とも2022年3月4日を予定しています。外観は通常のサングラスによく似たデザインで、現実の物体を把握するためのカメラやセンサーは搭載されていません。あくまで「映像視聴に特化したスマートグラス」となっています。

映像特化スマートグラス「Nreal Air」の予約受付が開始、KDDIとドコモが3月4日発売

KDDI株式会社と株式会社NTTドコモは、映像視聴に特化したスマートグラス「Nreal Air」の予約受付を開始しました。発売日は両社とも2022年3月4日を予定しており、価格はKDDIが39,799円、NTTドコモが39,800円です(価格はすべて税込み)。

また、アクセサリとして「Nreal Streaming Box」も発売予定です。Nreal AirはAndroidスマートフォンに対応していますが、Nreal Streaming Boxを接続することで、iPhone/iPadなどAndroid以外のスマートフォン、PCなどの画面を映せます。メーカー希望小売価格は9,900円です。

Nreal AirとNreal Streaming Boxは、auオンラインショップ、docomoオンラインショップにて予約受付中。また、KDDIやドコモの全国131店舗でNreal Airの実機を体験できます。

本ニュースの詳細はこちら:
映像特化スマートグラス「Nreal Air」の予約受付が開始、KDDIとドコモが3月4日発売
https://www.moguravr.com/nreal-air/

ソニーとNianticが「音のAR」領域で協業へ

ソニー株式会社はNianticとの提携を発表しました。両社はヘッドホン向けの音声AR領域において協業し、「音のAR」を活用したゲーム体験を構築、音声AR関連のプロモーション活動を相互に展開するとしています。

本提携による取り組みの第一弾として、Nianticの位置情報ゲーム「Ingress」において、ソニーのワイヤレスイヤホン「LinkBuds」を用いた音声ARを楽しむための開発を進めており、2022年内に提供開始を目指します。LinkBudsは2月25日発売予定、市場推定価格は約23,000円(税込み)です。発売に先立ち、「LinkBuds」の先行展示が、2月16日より全国のソニーストアにて実施されます。

本ニュースの詳細はこちら:
ソニーとNianticが「音のAR」領域で協業へ
https://www.moguravr.com/sony-niantic-cooperation/

8th Wallとアバター生成プラットフォームReady Player Meが連携。WebARへのアバター導入を簡易に

ブラウザベースのARプラットフォームを開発する8th Wallは、顔写真一枚から自動でアバターを生成できるアバター生成プラットフォームReady Player Meとの連携を発表しました。今回の連携によって、8th Wallエンジンで開発したWebARコンテンツに、「Ready Player Me」アバターを用いたフェイシャルトラッキングや、アバターを現実世界へAR合成する機能を組み込むことができます。

8th Wallは今回の発表に際し、アバターを「メタバースにおけるデジタル・アイデンティティ」と位置づけ、Ready Player Meとの連携は「メタバースへのパスポートの役割を担う」とコメントしています。

本ニュースの詳細はこちら:
8th Wallとアバター生成プラットフォームReady Player Meが連携。WebARへのアバター導入を簡易に
https://www.moguravr.com/8th-wall-ready-player-me-linkage/

2022年AR市場で予想される5つのトレンド:「フィジタル」な購買体験へ

データプラットフォームStatistaの調査によれば、モバイルARユーザー数は2020年の5億人から2021年は8.1億人へと増加。さらに2022年には、その数が11億人にまで届くと予想されています。

そんな中、メディアEntrepreneurが2022年のAR市場のトレンドを発表しました。同メディアは5つのトレンドとして「ライブコマース×ARトライオン」「eコマースプラットフォームでの3D/AR活用」「『Phygital(フィジタル)』な購買体験」「企業発AR×NFTの増加」「Google検索結果のAR表示活用」を挙げています。

本ニュースの詳細はこちら:
2022年AR市場で予想される5つのトレンド:“フィジタル”な購買体験へ
https://www.moguravr.com/2022-ar-market-trend/

※本ニュース記事は「Mogura VR」から提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

VR専門メディア「Mogura VR」は、VRに関する国内外の情報を早く、正しく、わかりやすくお伝えします。「PlayStation VR」「Oculus Rift」などの最新情報から専門家インタビュー、ゲームやアプリのレビュー、初心者ガイドまで幅広く扱っています。

連載バックナンバー

VR/ARニュース
第289回

Metaが次世代VRヘッドセットの開発中デザインなどを一挙公開

2022/6/27
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。
VR/ARニュース
第288回

ソニーがAR開発用SDK「ToF AR」を発表。モバイルARやバーチャルアイドルで活用

2022/6/20
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。
VR/ARニュース
第287回

VRヘッドセット「Meta Quest 2」の出荷台数は1,500万台に迫る/Appleが「ARKit 6」を発表

2022/6/13
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る

他にもこの記事が読まれています