PR

ここまでできる!標準ファイルサービス

2009年1月5日(月)
安納 順一

ファイルスクリーン機能で不正ファイルの保存抑止

ファイルサービスリソースマネージャには「ファイルスクリーンの管理」機能が実装されている。これにより、ボリュームの肥大化を防ぐとともに、企業としてファイルサーバーに保持しておくのにふさわしくないファイルの保存を抑止することができる。

例えば、著作権問題に触れやすく、かつ大容量になりがちなオーディオファイルの保存を抑止することで、ファイルサーバーの空き容量管理を効率的に行うだけでなく、利用者の企業倫理育成を促すことができる。

ファイルスクリーン処理はフォルダごとに設定できるため、一部の共有フォルダや、特定のユーザーのホームディレクトリなどを限定的に監視することも可能だ。

ファイルスクリーンでの保存の抑止には、以下の2通りの方法が用意されている。

  • アクティブスクリーン処理による保存の拒否
  • パッシブスクリーン処理による保存の監査

アクティブスクリーン処理を使用した場合、例外ユーザー以外の利用者は、設定された種類のファイルを一切保存することができない。また、ファイルの保存が拒否されるだけでなく、保存しようとしたユーザーおよび指定した管理者(上長などを指定することも可能)に対して警告メールを発信することができる。保存をトリガーにしてコマンドを自動的に実行することもできるため、企業や部門に沿った独自の処理を組み込むことも可能だ。もちろん、イベントログにメッセージを送信することもできる。

一方、単なる統計情報の収集が目的であったり、保存の拒否が運用上大きな影響がある場合には、パッシブスクリーン処理を選択するとよいだろう。この場合でも、アクティブスクリーン処理と同様、保存処理をトリガーとしてメールを送信したり、所定のコマンドを実行することが可能である。

保存を抑止または監視するファイルは、ワイルドカードによって識別されたファイルグループとして定義しておくことができる。既定では、図3のファイルグループが定義されている。

これらの定義は運用に合わせて変更することもでき、必要に応じて新しいグループを作成することも可能だ。

ホームディレクトリのように大量のフォルダが存在する場合には、上位のフォルダにファイルスクリーンの設定を定義するとよい。こうすることで、配下のディレクトリにも同様のスクリーンが適用される。

ファイルスクリーンの運用において注意しなければならないのは、この機能はフォルダへのアクセス権を制限するものではないということだ。フォルダ単位に保存できるファイルを制限することはできるものの、これをユーザーやグループに対して適用することはできない。フォルダへのアクセス権は、別途NTFSアクセス権を使用して制限する必要があることに注意しよう。

そのほかのファイルサービス関連機能

Windows Server 2008にはこれまでの紹介した機能に加え、ファイルサービスの運用を拡張およびサポートする強力な機能が標準で実装されている。そこで最後に5つの機能を紹介しよう。

1つ目がWindows Serverバックアップだ。Volume Shadow Copyサービスとの連携による高速で効率的なバックアップおよび復元と、コマンドによる操作やバックアップのスケジューリングができる。

2つ目がSAN用記憶域マネージャである。これはSAN内の、仮想ディスクサービス(VDS)をサポートするファイバチャネルおよびiSCSIでLUN(Logical Unit Number)を作成し管理する機能を提供する。

3つ目がフェールオーバークラスタリングで、複数のノードで構成されたファイルサーバーにより、サーバー障害時の運用停止を回避できる・

4つ目がマルチパス I/Oだ。ディスク装置への複数経路の定義により、サーバーとディスク間の通信を冗長化できる。

5つ目がリソースモニターおよびパフォーマンスモニターである。リアルタイムにディスクアクセスの負荷を監視したり、アクセス負荷の高いファイルを検出することができるほか、ログを蓄積し後から分析することも可能だ。

さて次回はWindows Server 2008の中でも設定難易度が高いActive Directoryについて解説していこう。

マイクロソフト株式会社
国内コンピュータメーカーにて15年のフィールドSEとパッケージ開発経験を経て2007年マイクロソフトに入社。IT Pro 向けエバンジェリストとしてマイクロソフトの製品技術を広く伝える仕事に就く。http://blogs.technet.com/junichia/

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る

他にもこの記事が読まれています