PR

Windows Server 8でよく使うネットワーク機能の設定

2012年2月14日(火)
工藤 淳

注意:ここで紹介されている機能や設定方法は、開発者向けのバージョンであるため今後のベータ版や製品版では変更がある可能性があります。

第1回では、Windows Server 8で強化されたネットワーク機能の紹介と、Teaming、iSCSI Targetの設定を紹介しました。2回目となる今回は、Windowsサーバーでよく使うネットワークの機能、DHCPとDNS、Active Directoryを取り上げ紹介していきます。

DHCP

DHCPは、コンピュータがネットワークに接続するために、IPアドレスなど必要な情報を自動的に割り当てるプロトコルです。

基本的な部分、設定方法はWindows Server 2008などとほとんど変わりません。しかし、大きな機能追加としてフェイルオーバー機能が加わりました。これまでは、クラスタを組んでDHCPをフェイルオーバーさせるなど非常に手間の掛かる部分でしたが、この機能が加わったことで、非常に簡単にフェイルオーバーさせることができます。

下記URLは、Windows Server 2008 R2でクラスタリングを用いたフェイルオーバーの方法が紹介されています。気になった方どうぞ!

(参考:DHCP ステップバイステップ ガイド: テスト ラボでの DHCP フェイルオーバー クラスタリングのデモンストレーション(Microsoft/TechNet)

この章ではWindows Server 8でDHCPの基本的な設定方法を紹介します。その後にフェイルオーバーの設定方法を紹介します。

(1)基本的な設定方法

ここではIPアドレス、DNS、デフォルトゲートウェイの情報を割り当てる設定をしていきます。

最初にIPアドレスを手動で割り当てます。DHCPによる割り当てではDHCPサーバーのインストールは行えません。

手動で以下のIPアドレスを設定しました。

  • IPアドレス:192.168.254.200
  • サブネットマスク:255.255.255.0
  • デフォルトゲートウェイ:192.168.254.254

DHCPサーバーの追加はサーバーマネージャーより行います。サーバーマネージャー起動後、右上の[Manage]より[Add Roles and Features]を起動します。

ウィザードが起動後、[Server Roles]まで進めます。[Roles]の項目で[DHCP Server]にチェックを入れ進めていきます。

画像をクリックすると拡大表示します。

[Confirmation]の画面で[Install]ボタンを押してインストールを開始します。インストールが開始されるとprogressが表示され経過がわかります。

画像をクリックすると拡大表示します。

これでインストールは完了です。次に、DHCPサーバーの設定を行います。

ここで、DHCで割り当てるIPアドレスなどは以下に設定します。

  • IPアドレス:192.168.254.100から199まで
  • サブネットマスク:255.255.255.0
  • デフォルトゲートウェイ:192.168.254.254
  • DNSサーバー:192.168.254.254

DHCPマネージャーを起動するには[Start]に追加された[DHCP]を起動します。

もしくは、サーバーマネージャーより[DHCP Manager]起動します。

DHCPマネージャーを起動後は割り当てるIPアドレスのスコープを設定します。

画像をクリックすると拡大表示します。

[IPv4]を右クリックし、[New Scope]を選択します。

スコープを設定するウィザードが起動されます。

最初に設定するスコープに任意の名前を設定します。[Name]に名前、[Description]は説明を入力します。

次に、IPアドレスレンジ(範囲)を設定します。

  • [Start IP address]には割り当てる先頭のIPアドレスを入力します。
  • [End IP address]には末尾のIPアドレスを入力します。
  • [Length]もしくは[Subnet mask]にサブネットを入力します。

画像をクリックすると拡大表示します。

[Add Exclusions and Delay]では、IPアドレスの除外レンジを設定します。

[Lease Duration]ではリース期間を設定します。

次に、DHCPのオプションを今すぐ設定するか選択します。ここではデフォルトゲートウェイ、DNSサーバーを設定します。

[Ruter(Default Gateway)]にデフォルトゲートウェイを設定します。[IP address]にデフォルトゲートウェイのIPアドレスを入力し、[Add]で追加します。

次にドメインとDNSサーバーを入力します。今回はDNSサーバーだけのIPアドレスを追加します。

[WINS Servers]も設定することができます。今回は設定しません。

これでオプションの設定は完了です。最後に今すぐにスコープをアクティブにするか選択します。

これでスコープの設定は完了です。

設定されたスコープやオプションがDHCPマネージャーから確認できます。

画像をクリックすると拡大表示します。

実際にIPアドレス等が割り当てられているか、同じネットワーク内のコンピュータで確認します。

自動でIPアドレス、デフォルトゲートウェイ、DNSサーバーが割り当てされています。

自動で割り当てられたコンピュータは、DHCPマネージャー[Address Leases]からも、IPアドレスが割り当てられていることが確認できます。

画像をクリックすると拡大表示します。

基本的な設定はこれで終了です。

スコープオプションでは、DNSサフィックスを設定する等、様々なオプションが設定できます。また、MACアドレスとIPアドレスを結びつけて割り当てるようなポリシー設定、フィルター設定も行えます。

(2)フェイルオーバーの設定方法

今回は以下の2台のサーバーを用意してフェイルオーバーの設定を行います。

  • DHCP-SV1 (192.168.254.200)
  • DHCP-SV2 (192.168.254.201)

DHCP-SV1は[(1)基本的な設定方法]のサーバーになります。スコープが事前に設定されているDHCPサーバーになります。

DHCP-SV2を準備します。DHCP-SV-1と同じようにDHCPサービスを追加します、ただしスコープの設定は行いません。

次に、フェイルオーバーの設定を行います。DHCP-SV1のDHCPマネージャーを起動します。

[IPv4]を右クリックし[Configure Failover]を選択します。

フェイルオーバーの設定ウィザードが起動します。

最初の画面ではイントロダクションと設定するスコープが表示されます。通常は[Select all]のままで問題ありません。

次に、フェイルオーバーを設定するパートナーサーバーのホストネームもしくはIPアドレスを入力します。

サーバーが確認できると、フェイルオーバーの動作を設定する画面になります。

  • [Relationship Name]を入力しますが、通常は事前に入力されています。
  • [Mode]で[Load Balance][Hot standby]のどちらかを選択します。
  • [Shared Sercret]を入力します。サーバー間での共通鍵です。

設定完了後、それぞれのサーバーからDHCPマネージャーを起動して確認します。[Failover Relationship]として[Relationship Name]が確認できます。

[Scope]を右クリックして[Reolicate Relationship]を選択します。スコープの設定を行っていなかったDHCP-SV2でもスコープ設定情報が転送されたことが確認できます。

これでフェイルオーバーの設定は完了です。

Windows Server 8ではDHCPのフェイルオーバーが簡単に行えます。そのため、現場で運用管理している者としては重宝する機能だと思います。

IPアドレスがコンピュータに割り当てされない障害が発生した場合、コンピュータの台数によっては影響範囲が大きくなります。これを避けるために、フェイルオーバーが簡単に行えるのは、非常にありがたいと思いました。

札幌でSEとして社内システム運用や構築に携わっています。「INSTALL MANIAX 2009
TETSUJIN64」「INSTALL MANIAX 3 Hyper-V祭り」では決勝に参戦。お菓子が美味しい!北海道情報セキュリティ勉強会(せきゅぽろ)のスタッフをしています。
ブログ:技術的な何か。検証ルーム

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

Windows Server 8でよく使うネットワーク機能の設定 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。