PR

Concrete5ってCMSを知ってますか?

2009年3月4日(水)
得上 竜一

ダッシュボードは何をするところ?

 それでは実際に使ってみることにします。インストールの完了画面からダッシュボードと呼ばれる管理画面に入ることができます(図2)。また、インストール完了の画面に表示されているパスワードは忘れないようにしておきましょう。

 では一通り機能を見ていきましょう。ダッシュボードを開くと現在のサイトのアクセス数や、Concrete5に関する最新のニュースなどが確認できます。簡易ではありますが、アクセス解析にもなっています。

 まず、「サイトマップ」です。サイトマップは、ページを追加したり、削除したり、さらに階層の設定をするところです。このサイトマップの使い方がConcrete5のもっとも特徴的な部分で、慣れてしまうとほかのCMSに戻れなくなってしまうかもしれません。次のページで、実際に使いながら詳しく見ていきましょう。

 次に、「ファイルマネージャ」です。ここは画像やFLASHなどのファイルの管理をするところです。ファイルの表示や追加、削除ができます。

 「フォーム入力内容」は、お問い合わせフォームなどを設置した場合に、問い合わせを確認する場所です。

 「ユーザ」「グループ」はほかのCMSと同じで、ユーザーやグループを設定することができます。編集権限も決めることができますので、複数人でサイトを運営することも可能です。

 「ページタイプ」とは、レイアウトの管理をする機能です。Concrete5では、ページごとにレイアウトを変えられるため、その管理をする必要があります。また追加のmetaタグの管理もできます。

 「テーマ」は、サイトのデザインを一括して変更する機能です。本連載では、オリジナルのテーマを追加して、自由にサイトのデザインを構築できるようにしていきます。

 「追加機能」では、Concrete5の核となる「ブロック」の管理をします。Concrete5では、このブロックを組み合わせてサイトを構築していきます。

 「メンテナンス」は、自動化された機能が管理されています。標準では、サイト内検索用のインデックスの作成や、検索エンジンに読み込ませるsitemap.xmlの生成が可能です。

 「ログ」は、その名のとおりログを閲覧できる機能です。送信したメールや、編集のログなどを確認できます。

 最後に「全体設定」は、サイト名の設定やメンテナンス状態への移行、アクセス権限などの設定をする機能です。

Concrete5ってブログじゃないの?

 今まで、XoopsCubeやMovableType、WordPressを使ったことがある方は、このConcrete5を使ってみて、「管理画面に記事の追加が無いぞ?」と思ったかもしれません。なぜならば、Concrete5はブログではなく、純粋にコンテンツを管理するシステム(Contents Management System)だからです。

 Concrete5でも、もちろんブログのように、記事を追加し、そこに写真やFLASHを含めることができます。このようなコンテンツに加え、地図の追加・管理、動画やゲストブック、アンケートなどもコンテンツとして管理するCMSなのです。

株式会社マイニングブラウニー
2002年に携帯電話用ゲームの開発でこの業界にはまり、2006年にソフトウエア開発会社 株式会社マイニングブラウニー設立。webとオープンソースが大好き。あわよくばシステム全部をオープンソースで構築してしまいたい願望を持っています。http://miningbrownie.co.jp/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています