PR

Flashで作るMP3プレーヤーの基礎

2008年6月12日(木)
吉田 光利

Flashでラジオ!

 前回はLastFMを紹介しましたが、今回は2回に分けてラジオシステムをFlashで制作してみましょう。

 まずは今回作っていくシステムの概要から説明します。ラジオシステムとは言っても、アーティスト名、曲目、ファイルのパスが書いてあるXMLファイルを読み込んで、それをもとに連続再生するプレーヤーを作成します(図1)。このようなXMLファイルを読み込んで、再生できるようなプレーヤーを作成できれば、後にさまざまなシステムと連携が可能になります。例えば、これをRuby on Railsなどと組み合わせれば、LastFMと同じようなサービスを提供することも可能になります。

 今回の第1回目では、楽曲を連続再生するためのプレーヤーの基礎的な部分を作成します。まず、ActionScript 3.0でどのようにサウンドを扱えばよいのかについて解説します。ActionScript 3.0からは、スクリプトの書き方がActionScript 2から大きく変わっています。そのことを解説するとともに、注意点なども書きたいと思います。そして、実際のデザイン的な部分を作成して、ActionScript 3.0を使って基本的な音を鳴らすという作業までを紹介します。

 作成するプレーヤーは、ありもののコンポーネントは一切使わずに、すべて自作します。IllustratorでデザインしたものをFlashに持ってきて、それに対してActionScriptを書きます。この方法であれば、納得のいくデザインでインタラクティブなインターフェースを自分の思った通りに実装することが可能です。

Flashでラジオ(連続再生プレーヤー)を作成する

 それでは、このアプリケーションの肝となるラジオ部分を作成します。まずはIllustratorでデザインします。なぜIllustratorを使ってデザインするかというと、FlashとIllustratorは同じAdobe社製品で、ベクターデータ同士ということで非常に相性がよいという理由からです。Flashでもデザインができますが、やはりIllustratorの使いやすさにはかないません。なので、筆者はFlashインターフェースをデザインするときは、いつもIllustratorを使っています。レイヤー情報もそのままFlashに持っていけるという点も便利です。今回は図1のようなインターフェースをデザインしました。非常にシンプルなものになっています。

 できあがったIllustratorのファイルは、Flashでそのまま読み込めます。ファイルメニューから「読み込み→ステージに読み込み」をクリックすると、Illustratorで作成したデザインが、そのままの形でFlashに読み込まれます。読み込まれたら、必要な部分をムービークリップ化します。今回は「停止」ボタンと「次の曲へ」ボタンをムービークリップ化します。これでインターフェースデザイン側の準備はOKです。あとは、これに対してActionScriptでコーディングしていきます。

BRIANS PET TOKYO主催者 WebデザインからRuby on RailsでのWebアプリ構築までをトータルに行うWebコンテンツデザイナ。現在はBRIANS PET TOKYOにてWebアプリケーション「DORIBAR(ドリバー) 」を開発中 http://brianspet.com

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています