PR

DataKeeper開発の海外事例

2009年4月28日(火)
Paul Clements SteelEye Technology, Inc.

DataKeeper開発における要求事項

「なぜその開発手法を選んだのか」連載第4回では、海外の実例をご紹介します。SteelEye Technology社のリードソフトウエアアーキテクトであるPaul Clements氏による、スタンドアローンデータレプリケーション製品「DataKeeper」の開発を振り返っていただきました。


SteelEye Technology社の新しいスタンドアロンデータレプリケーション製品、DataKeeperをリリースするまでの道のりは長いものでした。いくつもの課題に直面し、学んだ教訓も多くありました。結果的には、開発チームの創意工夫と新しい開発プロセス導入のおかげで、課題を乗り越え、高品質の製品を送り出すことができました。

ほとんどのソフトウエアプロジェクトがそうであるように、DataKeeperにおいても、まずは顧客、販売、市場からの要求事項を収集することからプロジェクトはスタートしました。要求事項は時間とともに変化していったのですが、主要な要求事項となったのは次の3つです。

  • 新しいマイクロソフト管理コンソール(MMC)に基づいたグラフィカルユーザーインターフェースを必要とすること
  • Windows Server 2008上で動かせること
  • マイクロソフトのWindows Serverフェールオーバークラスタリング(WSFC)と統合していること

原文

The road to releasing SteelEye’s new standalone data replication product, DataKeeper, was a long one. We faced many challenges and learned many lessons along the way. In the end, we were able to overcome the challenges and deliver a high quality product, thanks to the ingenuity of the development team and the adoption of a new development process.

The project began, as most software projects do, gathering requirements from customers, sales, and marketing. Although the requirements changed over time, the three primary requirements were: the product needed a new Microsoft Management Console (MMC) based Graphical User Interface; it had to run on Windows Server 2008; and, it had to be integrated with Microsoft’s Windows Server Failover Clustering (WSFC).

著者
Paul Clements SteelEye Technology, Inc.
ソフトウェアのエンジニアとして幅広い経験を持ち、現在はデータレプリケーション、HA、ストレージ分野でカーネルやシステムレベルのプログラミングを専門としています。また、熱心なLinuxユーザー及び開発者で、LinuxカーネルにおけるNBD(Network Block Device)ドライバーのメンテナンスをはじめ、複数のオープンソースプロジェクトに貢献しています。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています