PR

商用Linuxを比較検討する

2009年7月10日(金)
大村 幸敬

商用Linuxの特徴

 今回は商用Linuxについて解説します。早速ですが、商用LinuxはフリーのLinuxと何が違うのでしょうか?

 Linuxはもともとオープンソースソフトウエアとして開発されたUNIXライクなOSです。開発者であるリーナス・トーバルズ(Linus Torvalds)氏をはじめ多くの技術者が改善を加えた結果、1990年代末ごろにはフリーのLinuxがWebサーバーやメールサーバーとして十分な安定性を持つようになりました。当初は問題が発生しても自らが解決してしまうようなパワーユーザーによる利用が主流でしたが、一般ユーザーに利用が広まるにつれ、OSの配布元による高いレベルのサポートが必要となってきました。こうして生まれたのが商用Linuxです。

 商用LinuxはフリーのLinuxに比べ、有償ではありますが開発・配布元(ディストリビュータ)による長期的かつ安定した開発方針と、高いレベルのサポートを得られることがメリットと言えます。

 商用Linuxの多くは「サブスクリプション」を購入することでサポートを得られます。例えばRed Hatが提供しているRed Hat Enterprise Linux(以下RHEL)ではサブスクリプション購入により「Red Hat Network」と呼ばれるインターネット上のサービスサイトにアクセスできるようになります。ここでは各種のパッチを入手したり、インストールイメージを入手したりできるようになります。加えてWebからサポートへの問い合わせなどができます。サポート対象は基本的にOSに対するもののみで、OSの配布物に含まれる各種オープンソースソフトウエアはサポートの対象外となります。

 当初はPHPやMySQLといったオープンソースソフトウエアを活用するプラットホームとして利用され始めた商用Linuxですが、UNIX互換でありながら安価なOSであったことからUNIXからLinuxへの移行が検討されるようになります。そこで各種ソフトウエアベンダーがLinux上で動作するアプリケーションを提供し始めました。OracleやDB2、WebSphereやWebLogicといった主要な商用ミドルウエアがLinuxに対応したことで、業務用Webシステムの基盤OSとしてLinuxの採用が拡大していきました。

 この段階で多くのアプリケーションがLinuxに対応したことで、業務要件からアプリケーションの選定を経て、直接Linuxが選定される機会が増えてきました。このように業務用アプリケーションが正式対応をうたっている点も、商用のLinuxが持つ大きなメリットです。

名称 最新バージョン 販売元
Red Hat Enterprise Linux 5 Red Hat
SUSE LINUX Enterprise Server 11 Novell
Asianux Server 3 MIRACLE LINUX
Turbolinux Server 11 Turbolinux
Oracle Enterprise Linux 5 Oracle

表1:国内の主な商用Linux

インテック
株式会社インテック ITプラットフォームサービス事業部所属。社内のLinux/OSS事業立ち上げに参画後、金融機関を中心に大規模システム基盤の提案・構築・運用サポートを担当。
Linuxから仮想化を経て、現在はクラウドの中身が気になる日々。
http://www.intec.co.jp/

Think IT会員サービスのご案内

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスのご案内

関連記事