PR

Red Hat Enterprise Linux 7のインストールについて確認しよう

2015年12月22日(火)
平 初
この記事は、書籍『できるPRO Red Hat Enterprise Linux 7』の内容を、Think IT向けに特別にオンラインで公開しているものです。詳しくは記事末尾の書籍紹介欄をご覧ください。

インストールの準備

RHEL 7をインストールするために、まずはリリースノートを読んでシステム要件を確認し、インストール先のコンピューターを用意しましょう。また、RHEL 7のインストールイメージを入手する必要があります。

ここからはまず、Red Hat認定ハードウェアの調べ方から、RHEL 7のインストールイメージの入手方法、30日間評価版の申請方法、インストールDVDやインストールUSBメモリーの作成方法を解説します。その上で、RHEL 7のインストールする手順をステップバイステップで解説します。

RHEL 7をインストールするまでの流れ

RHEL 7のインストールを始める前には、環境要件やシステム要件などの調査が必要となります。このレッスンで解説している内容は、実際にシステムを構築する際に調査/検討すべき点です。本題に入る前に、まずはRHEL 7のリリースノートを一読されることを強くおすすめします。難しくて理解できない部分は、本書を読み進めながら少しずつ理解していただければと思います。

Red Hat Enterprise Linux 7.1リリースノート
https://access.redhat.com/documentation/ja-JP/Red_Hat_Enterprise_Linux/7/html/7.1_Release_Notes/index.html

まず、RHEL 7のリリースノートでシステム要件を確認し、インストール先となるコンピューターを用意しましょう。

続いて、RHEL 7のインストールを行う前に、RHEL 7のインストールイメージを入手します。インストールイメージを入手する際には、Red Hatログインのアカウントと、有効なサブスクリプションが必要です。もしお持ち出ない場合には、手順に沿ってアカウントを作成したのちに、30日間評価版の申請を行ってください。

そして、ダウンロードしたインストールイメージからRHEL 7のインストールDVDやインストールUSBメモリーを作成したのちに、RHEL 7をインストールします。

物理サーバー以外にインストールする場合

仮想化技術を使い、RHEL 7を仮想マシン上にインストールして動かすという方法もあります。VMware WorkstationやMicrosoft Hyper-V、もしくはLinux KVM上のゲストOSとして利用できます。そのほか、Amazon EC2やGoogle Compute Engineなどのパブリッククラウドサービス上でRHEL 7を利用する方法もあります。

システム要件を確認しよう

RHEL 7をインストールするハードウェアのシステム要件は、Red Hatのインストールガイドに記載されています。以下に、インストールガイドから抜粋します。

  • BIOSもしくはUEFIが搭載されていること
  • Intel/AMDの64bit CPU(x86_64)が搭載されていること
  • 最低1GBのメモリーが搭載されていること(1論理CPUあたり最低1GBを推奨)
  • 最低7.5GB(推奨10GB)のストレージ領域
  • ストレージについては以下のどれかの条件を満たすこと
    • SCSI、SATA、SCSIなどで接続された内蔵ディスク
    • Firmware RAIDで構成されたRAIDデバイス
    • Fibre Channelで接続された外部ディスク
    • iSCSIで接続された外部ディスク(iSCSI Boot)
    • Xenのブロックデバイス
    • VirtIOのブロックデバイス

なお、USBメモリーやSDカードへのインストールはサポート外です。

インストールの種類を確認しよう

RHEL 7では、インストールするベース環境として、下の表にある種類が用意されています。なお、昔のRHELのように全部入りでインストールするという選択肢は、RHEL 7では存在しません。

インストールの種類

ベース環境意味
最低限のインストールOSとして最小限の基本的な機能です
インフラストラクチャサーバーDHCPサーバーやDNSサーバー、認証サーバーなど、ネットワーク基盤となるサーバーです
ファイルとプリントサーバー企業向けのファイルサーバー、プリントサーバー、ストレージサーバーです
ベーシックWebサーバー静的および動的なインターネットコンテンツを提供するサーバーです
仮想化ホスト最小の仮想化ホストです
サーバー(GUI利用)GUIを使用してネットワークインフラストラクチャのサービスを動作させるサーバーです

コンピューターはRed Hatの認定したものを

Red Hatが認定しサポートするコンピューターは、Red Hat Certified products catalog(https://access.redhat.com/certifications)のCertified Hardwareにメーカーと型番が掲載されています。ここに載っているコンピューターでないと、Red Hatがサポートを提供することはできません。

そのため、Certified Hardwareに掲載されているかどうかを確認した上で、RHEL 7をインストールしましょう。サーバーメーカー側がRed Hat社で認定を受けていると言っている場合でも、認定を受けているRHELのバージョンをCertified Hardwareできちんと確認して、RHEL 7に対して認定を受けているコンピューターを用意してください。そうでないと、インストールがうまく行えないケースや、GUIで画面が正常に映らなかったりハードディスクやネットワークカードが認識しなかったりするハードウェアトラブルに遭遇するケースがあります。

Certified Hardwareに掲載されていない機種のハードウェア絡みの障害については、Red Hat社はテクニカルサポートで対応ができません。ご了承ください。

できるPRO Red Hat Enterprise Linux 7

平 初 著/できるシリーズ編集部 著
価格:3,000円+税
発売日:2015年6月25日発売
ISBN:978-4-8443-3839-0
発行:インプレス

できるPRO Red Hat Enterprise Linux 7

新人のIT管理者向けにビジュアルを使い、RHEL 7の基本操作、サーバー構築について、ハンズオン形式で解説します。Red Hatログインのアカウントを作成し、RHEL 7の評価版のダウンロードから始め、OSのインストールと操作の基礎を学んだあと、企業内で利用する各種サーバーを構築します。RHELは、企業内の基幹業務システムの運用を目的としたOSであるため、システム管理、各種サーバーの構築など、運用管理の応用に重点を置いています。また、RHEL 7で一新された、新しい管理手法を学ぶ技術者にも役立つ内容です。

Amazon詳細ページへImpress詳細ページへ

レッドハット株式会社

サービス事業統括本部 ソリューション・アーキテクト部
ソリューションアーキテクト&クラウドエバンジェリスト

商社系システムインテグレーター、外資系ハードウェアベンダーを経て、現在、レッドハット株式会社にてクラウドエバンジェリストとして活躍。2006年に仮想化友の会を結成し、日本における仮想化技術の普及推進に貢献した。

主な著書に「KVM徹底入門」(翔泳社)、「Xen徹底入門」(翔泳社)、「100人のプロが選んだソフトウェア開発の名著」(翔泳社)、「Red Hat Enterprise Linux 7がやってきた」(日経ITpro)がある。

連載バックナンバー

OS書籍・書評

RHEL 7のインストールメディアを作成するには

2015/12/25
この記事は、書籍『できるPRO Red Hat Enterprise Linux 7』の内容を、Think IT向けに特別にオンラインで公開しているものです。詳しくは記事末尾の書籍紹介欄をご覧ください。
OS書籍・書評

RHEL 7を入手するには

2015/12/24
この記事は、書籍『できるPRO Red Hat Enterprise Linux 7』の内容を、Think IT向けに特別にオンラインで公開しているものです。詳しくは記事末尾の書籍紹介欄をご覧ください。
OS書籍・書評

Red Hat Enterprise Linux 7のインストールについて確認しよう

2015/12/22
この記事は、書籍『できるPRO Red Hat Enterprise Linux 7』の内容を、Think IT向けに特別にオンラインで公開しているものです。詳しくは記事末尾の書籍紹介欄をご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています