PR

MySQLの準備とOSSインストール

2009年7月15日(水)
細田 隼平

Webインストーラーを利用したWordPressのインストール

 続いて、Webインストーラーを以下の手順で実行します。

 ブラウザから「http://example.com/wordpress/wp-admin/install.php」にアクセスしてインストーラーを開始します。URLの「example.com」の部分は実際にサービスするドメインを入れて作業を行ってください。

 なぜかというと、ドメイン部分を「localhost」のままインストールしてしまうと、多くのアプリケーションでは保持している設定ファイル内などにドメイン名を「localhost」として保存してしまい、後で変更するのが面倒になってしまうからです。

 WordPressのインストールは大変簡単で、ブログタイトル名とメールアドレスを入力するだけです。入力後の画面では管理ユーザーadminの初期パスワードが表示されるので、コピーして次のログイン画面で入力します。最後に管理画面の右上にある「admin」というユーザー名のリンクをクリックしパスワードを変更します。

 以上で、インストールは完了です。必要に応じて設定変更を行い、記事を追加するなどして、トップページ(本稿の場合は「http://example.com/wordpress/」)にアクセスし動作確認をしましょう。

 また、携帯からブラウジングするためのプラグインとしてKtai Style(http://wppluginsj.sourceforge.jp/ktai_style/)があります。携帯対応したい場合は利用してみてください。

WordPressのパーマリンク設定変更

 WordPressでは、パーマリンク設定という機能でブログ公開URLのリンク表示の方法を変更することができます。例えば、「http://example.com/wordpress/?p=1」というURLを「http://example.com/wordpress/index.php/archives/1」のように「?」などのパラメータをなくし、それぞれの記事に個別のURLを与えることができます。

 このように、途中に「index.php」という文字列があるようなパーマリンクは、WordPress管理画面の「設定 > パーマリンク設定」で「日付と投稿名/月と投稿名/数字ベース」などの中から選択することで、IIS側の設定なしに簡単に変更することができます。

 この「index.php」という文字列をURLから除去する方法について説明します。WordPressでは「Pretty Permalinks」と呼ばれているようです。Apacheでは、mod_rewriteモジュールを利用することで実現していますが、IISの場合は「URL Rewrite Module」を利用することで同様の機能が実現可能となります。

 まずは、URL Rewrite Moduleのインストールを行いましょう。マイクロソフトの配布サイトにアクセスします。

・32bit OS版(http://www.iis.net/downloads/default.aspx?tabid=34&g=6&i=1691
・64bit OS版(http://www.iis.net/downloads/default.aspx?tabid=34&g=6&i=1692

 サイトから青い「Download」ボタンをクリックしてrewrite_1.1_amd64_rtw.msiをダウンロードし、「サーバーマネージャ > 役割 > Webサーバー(IIS)」からシステムサービス内のサービス名がWAS、W3SVCとなっている各サービスを停止し「サーバーマネージャ」を閉じた後でインストールを行います。インストール手順は難しくないので省略します。インストールが完了したら先ほどサーバーマネージャから停止した2つのサービスを開始します。

 URL Rewrite Moduleのインストールが完了したら、WordPressのパーマリンクの形式を決定します。WordPress管理画面から「設定 > パーマリンク設定」でカスタム構造を選択し、ここでは例として「/%post_id%」と入力します。

 詳しいカスタム構造での表記方式は割愛しますので、WordPress公式サイト内のパーマリンクの説明ページ(http://wpdocs.sourceforge.jp/Using_Permalinks)などで調べてください。

 管理画面での設定完了後、IISでは「C:\inetpub\wwwroot\wordpress」に「web.config」ファイルを作成しなければなりません。このファイルはApacheでいう「.htaccess」ファイルと同じような役割を果たします。先ほど紹介した公式サイトの説明ページにある通り、以下のように「web.config」ファイルを作成します。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"??>

















 以上で設定完了です。ブラウザからトップページにアクセスし、アーカイブのリンクなどが動作するか確認してください。

 なお、このURL Rewrite ModuleはApacheで使うrewrite_moduleの書式をインポートしてIIS用の設定を行うことができます。IISマネージャのURL Rewrite機能を開き「操作」から「Import Rules」をクリックし、rewrite_module用のルールを読み込ませて設定することもできて大変便利です。

次ページではMovavle Type Open Sourceのインストールをします。

2002年SIerに入社し、一貫してWebシステムの開発に携わる。2007年フリーランスとして独立。現在はモバイルコンテンツサイトのマーケティング支援としてBI構築、SEO、SEMに携わっている。所有資格はRHCE、Oracle Certified Professional、テクニカルエンジニア(ネットワーク)など。「IIS de OSS」(http://guitarfish.wazure.jp/)にてIISにOSSをインストールするノウハウを展開中。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています