TOPシステム開発> Nexawebエンタープライズマッシュアップサーバ




エンタープライズWeb 2.0とNexaweb
エンタープライズWeb 2.0とNexaweb

第2回:リファレンスアーキテクチャのサービス利用層を知る

著者:日本ネクサウェブ  福島 竜   2006/12/15
前のページ  1  2  3
Nexawebエンタープライズマッシュアップサーバ

   Nexawebサーバは標準的なJ2EEアプリケーションサーバやServletエンジン(コンテナ)上で動作し、アプリケーションや認証情報の集中管理、拡張性を確保したサーバサイドリソース(アプリケーション、データ、Webサービスなど)とのシームレスな統合のためのサービスを提供するものです。Nexawebサーバは、マッシュアップ機能だけでなく、フェイルオーバや負荷分散をサポートしたクラスタリング機能をサポートしており、高可用性を持ったシステムの構築を可能にします。

   図3は、ネットワーク上の構成という視点でリファレンスアーキテクチャを図にしたものです。
インターネット上におけるNexawebの構成
図3:インターネット上におけるNexawebの構成
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   ここでは、ネットワーク上の構成をリファレンスアーキテクチャで示したサービス利用層とサービス提供層に分けています。サービス利用層ではNexaweb ClientがIMBを経由してNexaweb エンタープライズマッシュアップサーバと通信します。IMBはインターネットを利用した通信方式をサポートしています。

   Nexaweb Clientを操作するユーザはSOAによるサービスやレガシーシステムをインターネット経由で利用します。なおインターネットそのものがサービス利用層に含まれるだけでなく、マッシュアップサーバまでサービス利用層に含まれている点に注意が必要です。


Nexaweb Studio

   Nexaweb EW 2.0プラットフォームとともに、統合開発環境(IDE)であるNexaweb StudioとXMLベースのUI定義を使用することで、EW 2.0リファレンスアーキテクチャをより効率的に活用することが可能となります。

   Nexaweb StudioはEclipseベースのIDEで、EW 2.0アプリケーションのUIをドラッグ&ドロップ操作でビジュアルに開発することができます。Nexaweb Studioによって、EW 2.0アプリケーションの開発コスト削減が可能となります。米国ではHTMLベースのWebアプリケーションに比較して開発費を75%削減できたという事例もあります。

Nexaweb Studio ビジュアルエディタ
図4:Nexaweb Studio ビジュアルエディタ
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   Nexaweb Studioには以下の特徴があります。

  • コンポーネント、ソースファイル、UI定義ファイル(XML)の管理
  • 迅速なプロトタイピング開発やテストをサポートするプレビューやデバッグ機能
  • WYSIWYGによる編集
  • 製品ラインを越えた標準的なlook & feelの確立
  • 再設計や特別なセットアップなしで標準的なJ2EEアプリケーションを構築可能

表4:Nexaweb Studioの特徴


次回以降について

   次回はNexaweb の詳細を説明し、さらにアプリケーションの作成を通してEW 2.0とNexawebが持つ意義や方向性などを解説してゆきます。

前のページ  1  2  3


日本ネクサウェブ株式会社 福島 竜
著者プロフィール
日本ネクサウェブ株式会社
チーフコンサルタント  福島 竜

Interlisp-D(LISPの方言)によってオブジェクト指向を知る。C++、Javaなどにより、金融情報系システムを構築。Forteによる基幹系システム構築などを経て、オブジェクト指向分析・設計の教育、Webアプリケーション開発プロジェクトなどを経験。2004年からNexaweb に関わる。


INDEX
第2回:リファレンスアーキテクチャのサービス利用層を知る
  リファレンスアーキテクチャをカバーするNexaweb
  Nexaweb:エンタープライズWeb 2.0プラットフォーム
Nexawebエンタープライズマッシュアップサーバ