PR

Zenko使ってみた(Amazon S3 APIでマルチクラウドのデータを一括管理するオープンソース「Zenko」勉強会/Zenko Night #02)

主催者: 
主催:Zenkoユーザー会(仮称)/協力:オープンソース活用研究所
日時: 
2018年3月8日(木) 18:30
会場(場所): 
株式会社ブロードバンドタワー9階(2階でセキュリティカードをお配りします)

東京都千代田区内幸町2-1-6 日比谷パークフロント9F

【Amazon S3 APIでマルチクラウドのデータを一括管理するオープンソース「Zenko」】

Zenkoは、Amazon S3 APIでマルチクラウドのデータを一括管理するオープンソースです。

例えば、以下のようなことができます。

◆Amazon S3対応アプリケーションに、一切の変更を行わずに、Azure Blobストレージをサポートすることができる。

◆Amazon S3対応アプリケーションにおける、データのバックアップやレプリケーションを簡単に実現できる。

◆Amazon S3対応アプリケーションを、オンプレミス環境でテストできる。

【Zenko、使ってみた!】

今回は、実際にZenkoを使っているユーザーの方に、その体験をお話しいただきます。

【開発元による、Zenkoの解説】

今回も、Zenkoの開発元であるScality社の方をお招きし、解説していただきます。

【ライトニングトーク、懇親会も!】

ライトニングトーク(1人5分)がありますので、「すでにZenko試してみた!」といった方などいらっしゃれば、ぜひプレゼンをお願いします。
★プレゼンしていただいた方には、「Zenko Tシャツ」をプレゼントします!

なお、終了後簡単に懇親会(ビアバースト)もやります!

【プログラム】
18:00~18:30 受付

18:30~19:00 Amazon S3 APIでマルチクラウドのデータを一括管理するオープンソース「Zenko」とは

19:00~19:30 Zenko使ってみた!

19:30~20:00 ライトニングトーク
★プレゼンしていただいた方には、「Zenko Tシャツ」をプレゼントします!

20:00~21:00 ビアバースト

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています