PR

Docker、Kubernetesなど「コンテナ技術」のクラウドサービス(AWS、Azure、GCP)での活用と、コンテナ時代のシステム運用

主催者: 
株式会社オープンソース活用研究所 / マジセミ株式会社
日時: 
2018年11月15日(木) 13:30
会場(場所): 
株式会社インターネットイニシアティブ本社 13階セミナールーム

東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム

【Docker、Kubernetesなど「コンテナ技術」が注目されている】

今、Docker、Kubernetesなどに代表されるコンテナ技術が注目を集めています。

コンテナは、仮想化技術のひとつで、OS上にコンテナと呼ばれる仮想環境を作ります。

従来のVM型仮想化と異なり、カーネル部分をコンテナで共有するため、リソース使用量が少なく、起動時間が短いことが特徴です。

【クラウドサービス(AWS、Azure、GCP)で、どうやってコンテナを活用していくべきか?】

企業の中には、AWS、Azure、GCPなどのクラウドサービスの利用を推進している、もしくは検討しているところも多いと思います。

これらのクラウドサービスにおいて、Docker、Kubernetesなどのコンテナ技術はどのように位置付けられるのでしょうか。

企業はどのように、クラウドサービスに加えてコンテナ技術を活用するべきなのでしょうか。また、そのメリットは何でしょうか。

【コンテナ時代のシステム運用はどうすればいい?】

さらに今後、コンテナが主流になっていく中で、コンテナのメリットを最大限に活かすために、システム運用はどうあるべきでしょうか。

【コンテナ技術の基礎と、コンテナ時代のシステム運用を解説】

本セミナーでは、Docker、Kubernetesなどのコンテナ技術の概要について説明するとともに、クラウドサービス(AWS、Azure、GCP)でどうやってコンテナを活用していくべきか、その時のシステム運用はどうあるべきかについて、解説します。

【セッション紹介】
■コンテナ超入門(オープニング)
■(仮)Docker、Kubernetesなど「コンテナ技術」の基礎
■(仮)AWSにおけるコンテナの活用とその運用
■(仮)Azureにおけるコンテナの活用とその運用
■(仮)GCPにおけるコンテナの活用とその運用
■VMwareのコンテナ関連 ソリューションご紹介
■(仮)企業における、Docker、Kubernetesなど「コンテナ技術」活用事例
■(仮)コンテナ+マルチクラウドにおける運用のポイント

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています