PR

運用監視や運用自動化におけるツール比較 ~大手ベンダー製品、OSS製品、OpManagerの比較~

主催者: 
主催:ゾーホージャパン株式会社/協力:オープンソース活用研究所
日時: 
2018年12月11日(火) 16:00
会場(場所): 
ソーホージャパン オフィス

神奈川県横浜市西区みなとみらい三丁目6番1号 みなとみらいセンタービル13階

【インフラ担当者、運用担当者の課題】
近年、IT技術が急速に進化していく中、サーバー仮想化、パブリッククラウドの導入、オンプレとクラウド環境の混在などによりシステム構成は複雑化を増していくばかりです。
インフラ担当者、運用担当者にとって、複雑・大規模なインフラを効率的に運用することが課題となっています。

【運用監視ツールの重要性 】
企業は変化するビジネスニーズに対応しつつ、安定的・効率的にインフラを運用していかなければなりません。
しかし、仕事は増える一方なのに人的リソースに悩まされている例も多く、、運用監視ツールの重要性は高まっています。

【重要になる、「運用自動化」】
また、運用の効率を上げていくためには、監視だけでなく、情報収集や設定などの作業や、運用に関する申請承認を自動化することも重要になってきており、当然、ツールの機能としても必要になっています。

【大手ベンダー製品、人気のオープンソフトウェアとの比較 】
本セミナーでは、大手ベンダー製品、人気のオープンソフトウェアと、中小規模向け新規出荷社数No.1のOpManagerの比較をご紹介するとともに、OpManagerの紹介とデモを行います。

★プログラム等は詳細ページをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています