PR

SQLを直接記述できるiBATIS(前編)

2006年7月12日(水)
山之内 弘行

はじめに


   皆さん、こんにちは。本連載を担当するビーブレイクシステムズの山之内です。

   前回、面倒なマッピング作業を軽減してくれるツールとしてO/Rマッピングツールというものがあることを説明しました。そこで今回からは、O/Rマッピングツールの1つである「iBATIS」で実際にサンプルを作成し、その機能を見ていきます。

   今回は、「iBATIS」を利用する下準備をおこないます。


iBATISとは?


   iBATISとは、Apacheのプロジェクトの1つとしてASF(Apache Software Foundation)で開発/管理されているO/Rマッピングツールです。2002年に発表され、2006年7月現在の最新バージョンは2.1.7です。

   iBATISは「iBATIS SQL Maps」というO/Rマッピング機能と、「iBATIS DAO Framework」というDAOパターン用のフレームワークで構成されています。「iBATIS SQL Maps」はデータベースとJavaオブジェクトを容易にマッピングすることができるデータマッピング機能やデータキャッシュ、トランザクションといった機能がサポートされています。

   「iBATIS DAO Framework」はJ2EEのDAOパターンをサポートしているので、DAOパターンの実装を容易にしてくれます。「iBATIS SQL Maps」と「iBATIS DAO Framework」はそれぞれ独立したフレームワークとして提供されているので「iBATIS SQL Maps」のみ利用といった使い方も可能です。

iBATISの流れ
図1:iBATISの流れ


iBATISのダウンロード


   「iBATIS」を利用するにあたって、まず「iBATIS」のWebサイトからiBATIS Java 2.1.7をダウンロードしてください。

「iBATIS」ダウンロードページ
図2:「iBATIS」ダウンロードページ


   なおダウンロードしたファイルは、適当な場所へ展開してください。

株式会社ビーブレイクシステムズ Javaスペシャリスト
前職ではJavaを用いたシステム開発をメインに作業を行う。更なるキャリアアップを目指し、実力次第で上流工程に携われるビーブレイクシステムズに転職。現在はJavaアーキテクトとして活躍中。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています