PR

LinuxでもHAクラスタ

2006年12月25日(月)
古賀 政純

SGLXのクラスタノードのシステム構成


HAクラスタを実現するすべてのクラスタノードには共有ストレージを接続します。SGLXの一般的なシステム構成を以下に示します。


SGLXのシステム構成例
図1:SGLXのシステム構成例
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

SGLXのクラスタノードのローカルディスクにはSGLXがサポートするLinuxが稼動しますが、Linuxがインストールされるシステムディス クにはクラスタノードに搭載されたアレイコントローラによるハードウェアRAIDの構成を組みます。RAID構成を組むことにより、ローカルディスクの一 部に障害が発生しても、クラスタノードの稼動を継続させます。

各クラスタノードには、HP Insight Management Agent(IMA)が稼動し、サーバの内蔵ファン、冗長電源、温度などの各種ハードウェアコンポーネントを監視するように構成します。クラスタノードの ハードウェアコンポーネントの状態は、ネットワーク上に別途設置したSystems Insight Manager(SIM)監視サーバで閲覧します。

もし、クラスタノード上のハードウェアに障害が発生すると、SIMサーバに障害が通知されます。IMAは障害通知以外にも現在のクラスタノードの ハードウェアの状態も表示しますので、管理者はクラスタノードがフェールオーバーしない場合でもそのクラスタノードにアクセスし、冗長コンポーネントの一 部の障害状況を把握することが可能となっています。

Serviceguard for Linux Toolkit

SGLXでは、各種アプリケーション(Apache、Samba、Tomcat、NFS、PostgreSQL、MySQL、Sendmail)を クラスタ化するための設定ファイルやモニタリングスクリプトの雛型が用意されています。この雛型はServiceguard for Linux Toolkit(以下、Toolkit)と呼ばれています。

Toolkitはアプリケーションごとに用意されており、HPのWebサイトから無料で入手することが可能です。入手したToolkitは各クラスタノード上で展開し、システム要件を満たすように設定ファイルやスクリプトを変更します。

これらの設定ファイルやスクリプトには、オリジナルのスクリプトを記述するなどのカスタマイズが可能となっており、クラスタ要件が複雑で高度なシステムインテグレーションを必要とする場合でも柔軟に対応できるようになっています。

Toolkitに含まれているモニタリングスクリプトはアプリケーションのプロセスを監視します。監視は定期的に行われ、プロセスが異常な状態に なった場合は、モニタリングスクリプトから、そのプロセスの再起動や復旧用スクリプトなどが実行されます。モニタリングスクリプトは様々なカスタマイズが 可能となっていますが、主な機能としては以下があげられます。


  • プロセスの有無の監視
  • プロセスの再起動
  • ファイルシステム容量の監視
  • ログファイルに記録されているエラーメッセージの有無の監視
表3:Toolkitの主な特徴

モニタリングスクリプトを1から作成することもできますが、Toolkitに付属しているスクリプトを雛型として作成するのが一般的です。

日本ヒューレット・パッカード株式会社 プリセールス統括本部 ソリューションセンター OSS・Linux担当 シニアITスペシャリスト

兵庫県伊丹市出身。1996年頃からオープンソースに携わる。2000年よりUNIXサーバーのSE及びスーパーコンピューターの並列計算プログラミング講師を担当。科学技術計算サーバーのSI経験も持つ。2005年、大手製造業向けLinuxサーバー提案で日本HP社長賞受賞。2006年、米国HPからLinux技術の伝道師に与えられる「OpenSource and Linux Ambassador Hall of Fame」を2年連続受賞。日本HPプリセールスMVPを4度受賞。現在は、Linux、FreeBSD、Hadoop等のOSSを駆使したスケールアウト型サーバー基盤のプリセールスSE、技術検証、技術文書執筆を担当。日本HPのオープンソース・Linuxテクノロジーエバンジェリストとして講演活動も行っている。Red Hat Certified Engineer、Red Hat Certified Virtualization Administrator、Novell Certified Linux Professional、EXIN Cloud Computing Foundation Certificate、HP Accredited Systems Engineer Cloud Architect、Red Hat Certified System Administrator in Red Hat OpenStack、Cloudera Certified Administrator for Apache Hadoop認定技術者。HP公式ブログ執筆者。趣味はレーシングカートとビリヤード

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています