TOP情報セキュリティ> 【セキュリティ最前線】失敗から学ぶセキュリティポリシー> 第2回:セキュリティ推進担当側が陥り易いワナ (1/3)




【セキュリティ最前線】失敗から学ぶセキュリティポリシー

【セキュリティ最前線】
失敗から学ぶセキュリティポリシー

第2回:セキュリティ推進担当側が陥り易いワナ

著者:NTTデータ・セキュリティ 茅野 耕治

公開日:2008/1/17(木)

セキュリティ推進担当が「やってはいけないセキュリティポリシー」

セキュリティポリシーを策定したはよいが、さまざまな部署から不満が出てしまったことはないだろうか。ガイドラインにそって策定したのにもかかわらず、なぜうまくいかないのか。それは「やってはいけないセキュリティポリシー」を実践してしまったからである。

「やってはいけないセキュリティポリシー」とは「現場の実情を反映していないポリシー」のことだ。「実行性を十分に考慮しきれないまま運用をはじめてしまったポリシー」といってもよい。このポリシーを作ってしまうと、現場で徹底されず、有名無実となっている例は非常に多い。

ではなぜ「実行できないポリシー」を作ってしまうのだろうか。

セキュリティに対する理想を描くことはわかる。できるだけ理想に近づけるよう努力することは大切である。問題なのは、実現性の検討が抜け落ちてしまうことだ。つまり、理想的なポリシーを作ったことで満足してしまうのである。

図1:情報セキュリティマネジメントの実践のための規範「JIS Q27002:2006」
図1:情報セキュリティマネジメントの実践のための規範「JIS Q27002:2006」

ポリシーの策定で重要なのは網羅性

推進担当者はセキュリティの重要性を強く意識し、安心できるポリシーを作成したい。そのため、通常はJIS Q 27002などの規格を参照する(図1)。

ISMSの認証制度は規格に照らして不適合がないかを審査員が点検し、お墨付きを与えるものである。ISMS構築にあたり、まず規格を参照することは、何か答えを先に見ているような感覚になるかもしれないが、ガイドがない状態で取り組むのに比べ、ずっと効率的である。

何より網羅性が確保できる。この網羅性が重要だ。なぜならセキュリティポリシーを作成して、漏れがないことを証明することは、非常に難しいからである。JIS Q 27002などの規格はベストプラクティスを集めたものである。そのため本来はそれらすべてではなく、ポリシー適用組織の固有のリスクに応じて、追加しなければならない管理策があるかもしれない。しかしながら、最低限、規格で想定する範囲での管理策の抜け漏れを防ぐことはできる。しかし、ここにワナがある。 次のページ




NTTデータ・セキュリティ 茅野 耕治
著者プロフィール
NTTデータ・セキュリティ 茅野 耕治
コンサルティング部
建設会社の設計・施工・情報システム部門を経て、2005年から現職。監査、コンサルティング、セキュリティポリシーの策定支援、セキュリティ教育・研修などの業務に従事。CIA(公認内部監査人)、CFSA(公認金融監査人)、CCSA(内部統制評価指導士)、日本初のCGAP(公認政府監査人)試験合格者、CISSP-ISSJP(行政情報セキュリティ)、PMP、情報処理技術者(システムアナリスト、システム監査、特種、オンライン他)、一級建築士。
http://www.nttdata-sec.co.jp/


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第2回:セキュリティ推進担当側が陥り易いワナ
セキュリティ推進担当が「やってはいけないセキュリティポリシー」
  網羅性のワナ
  パスワードにこだわりすぎるワナ
【セキュリティ最前線】失敗から学ぶセキュリティポリシー
第1回 運用してこそのセキュリティポリシー
第2回 セキュリティ推進担当側が陥り易いワナ
第3回 現場が勘違いしやすいポイント
第4回 やってはいけないを未然に防ぐポイント!
関連記事
企業の社会的責任に必要な情報セキュリティマネジメント
ISMSからみる情報セキュリティ対策