TOPITニュース> TOMOYO Linuxプロジェクト、TOMOYO Linuxのバージョン1.5を公開




ITニュース

TOMOYO Linuxプロジェクト、TOMOYO Linuxのバージョン1.5を公開

LinuxセキュアOS最新版

2007/9/25 17:00

1.4.x系列の最新版

TOMOYO Linuxプロジェクトは9月21日、TOMOYO Linuxの最新版であるバージョン1.5を公開した。ダウンロードは同プロジェクトのオフィシャルページより行える。

TOMOYO Linuxプロジェクト
http://sourceforge.jp/projects/tomoyo/

TOMOYO Linuxは日本発のセキュアOSで、強制アクセス制御によるLinuxのセキュリティ強化を目的としたパッチとツールをまとめたものだ。現在Linuxカーネルのメインラインでの採用に向けた取り組みを行っているが、今回発表されたバージョン1.5は従来の1.4.xの後継にあたる。現状としては、メインライン化を目指す2.x系列と、これまで通りにパッチとして利用できる1.5系列の2つが並行してリリースされる状況となっている。

バージョン1.5では、ユーザから寄せられたバグ報告を基にした修正のほか、以下のような仕様変更が行われている。

  • ポリシーローダのパス名を/.initから/sbin/ccs-initに変更
  • ツールの保存場所を/root/ccstools/から/usr/lib/ccs/に変更
  • /etc/ccs/配下の変更
  • ポリシーファイルの拡張子がtxtからconfに変更。またstatus.txtはprofile.confに名称を変更
  • カーネルコマンドラインでinit=によるポリシーローダの指定が不要
  • /proc/ccs/の下位ディレクトリがなくなり、ファイルがフラットに配置されるよう変更
  • /proc/ccs/statusを/proc/ccs/profileに変更
  • ポリシーエディタがカラー表示に対応(ユーザによる色指定にも対応)
  • loadpolicyが標準入力からの読み込みに対応(\"-e\" オプション)
  • initializerディレクティブの廃止
  • マウント制御の判断ロジックを変更

これらの変更に伴い、バージョン1.4.xから1.5へバージョンアップする場合に環境の移行作業を行う必要がある。また各種仕様の変更によって「TOMOYO Linux GUI 1.0.1」は動作しなくなったため、今後対応版をリリースする予定とのことだ。

問い合わせ先

TOMOYO Linuxプロジェクト

URL:http://sourceforge.jp/projects/tomoyo

関連記事・ニュース

(ThinkIT編集局  神保 暢雄)

ITニュース一覧

ITニュース一覧はこちら

この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。