PR

詳細設計書(後半)

2005年8月15日(月)
梅田 弘之(うめだ ひろゆき)

機能設計書のドキュメント体系


   これまでに、表紙、目次/概要、I/O関連図、画面/帳票レイアウト、項目説明書について説明してきました。今回は残りのドキュメントについて説明し、詳細設計フェーズのドキュメント編を完了します。詳細設計フェーズのアウトプットの1つである「機能設計書」を構成するドキュメント構成は、表1のとおりです。
ドキュメント 用途・内容 基本
設計
詳細
設計
機能設計書 機能別の設計書
(表紙)  
(目次/概要)    
(I/O関連図) データと機能の関係を図示  
(画面レイアウト) 画面イメージ  
(帳票レイアウト) 帳票イメージ  
(フローチャート) バッチ処理のフローチャート  
(項目説明書) 画面/帳票の項目説明  
(イベント一覧) 画面操作で発生するイベントの一覧  
(BL一覧) 機能に含まれるBL(ビジネスロジック)の一覧  
(更新仕様書) 機能またはBL単位の更新・処理内容を記述  
(補足説明書) 上記の記述に対する補足説明  

表1:機能設計書のドキュメント構成


イベント一覧


   現在使われているの画面システムは、イベントドリブン(駆動)型のアプリケーションが主流です。イベントドリブンとは、画面のロード(呼び出し)やボタンのクリックなど、画面操作イベントをきっかけに処理が実行されるしくみを言います。アプリケーションは、プラットホームにより次のように3つの世代があります。

第1世代
汎用機、オフコン
第2世代
クライアント/サーバ
第3世代
Webアプリケーション

   第1世代では画面単位で処理が行われていました。これは画面上の社員コードや商品コードなど複数項目に入力した状態で、「実行ボタン」を押してはじめて社員名や商品名、単価などが取得され画面上に表示されるしくみとなります。

   第2世代とともに登場したイベントドリブン機能により、項目単位で処理が行われるようになりました。例えば社員コードを入力した場合、即座に社員名が取得され画面上に表示されます。コードの誤入力などがあっても、すぐにエラー表示されるのでユーザビリティが高い技法として広く普及しました。

   第3世代のWebアプリケーションは、普通に作成すると第1世代と同じく画面単位の処理となります。しかし、ASP.NETのポストバック機能などのようにWebでもイベントドリブン処理を実現できる機能が用意され、イベントドリブン型のWebアプリケーションが増えてきています。

   イベントドリブン型アプリケーションの処理内容は、イベント単位に記述しなければなりません。DUNGEONでは、このようなイベントドリブン型の画面アプリケーションに対応したフォーマットとして、図1のような「イベント一覧」を用意しています。

   左欄にはその画面で発生するイベント、中欄にはイベント発生時の処理内容、右欄にはイベントから呼び出されるBL(ビジネスロジック)を記述します。例えば図1の4行目を見ると、「検索ボタン.クリック」というイベント発生時に、BL「プロスペクト検索」が実行されるという処理が記述されています。

イベント一覧
図1:イベント一覧
(画像をクリックするとExcelファイルをダウンロードできます。/80.5KB)

コラム
MVCアーキテクチャに対応

   最近のアプリケーションは、MVCアーキテクチャで作成されることが多くなっています。これは画面対話型のアプリケーションを、処理(M:Model)、表示(V:View)、入力処理(C:Control)の3つのパートから構成させるものです。例えばJavaベースのアプリケーションでは、処理がJavaBeans、表示がJSP、入力がServletという構成になります。

   DUNGEONのフォーマットも、MVCアーキテクチャに対応したものになっています。処理を行うビジネスロジック(BL)と表示(HTMLやJSPなど)と入力処理(イベント)を分離し、表示部分は直接データを処理しない構造です。前回説明した「画面レイアウト」「項目説明書」は表示部分の定義、「イベント一覧」は入力処理の定義を記述する役割となります。

著者
梅田 弘之(うめだ ひろゆき)
株式会社システムインテグレータ

東芝、SCSKを経て1995年に株式会社システムインテグレータを設立し、現在、代表取締役社長。2006年東証マザーズ、2014年東証第一部上場。

前職で日本最初のERP「ProActive」を作った後に独立し、日本初のECパッケージ「SI Web Shopping」や開発支援ツール「SI Object Browser」を開発・リリース。日本初のWebベースのERP「GRANDIT」をコンソーシアム方式で開発し、統合型プロジェクト管理システム「SI Object Browser PM」、アプリケーション設計のCADツール「SI Object Browser Designer」など、独創的なアイデアの製品を次々とリリース。最近は、AIを利用したサービスに取り組んでいる。

主な著書に「Oracle8入門」シリーズや「SQL Server7.0徹底入門」、「実践SQL」などのRDBMS系、「グラス片手にデータベース設計入門」シリーズや「パッケージから学ぶ4大分野の業務知識」などの業務知識系、「実践!プロジェクト管理入門」シリーズ、「統合型プロジェクト管理のススメ」などのプロジェクト管理系、最近ではThink ITの連載をまとめた「これからのSIerの話をしよう」を刊行。

「日本のITの近代化」と「日本のITを世界に」の2つのテーマをライフワークに掲げている。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています