PR

テキストエディタ「Notepad++ 7.3.3」リリース、CIAに悪用されていた脆弱性を修正

2017年3月11日(土)

オープンソースのテキストエディタ「Notepad++」の最新版、「Notepad++ 7.3.3」が3月8日(現地時間)リリースされた。

「Notepad++」は、プログラミングに向けたテキストエディタ。オープンソースライセンスの下で開発されている。

「Notepad++ 7.3.3」では、DLLハイジャックの脆弱性が修正されている。今回発見された脆弱性は、WikileaksにリークされたCIAの資料から明るみに出たもので、この脆弱性を悪用してバックグラウンドにおける情報収集をカモフラージュしていたと見られるという(エディタで編集していた内容に関しては漏えいしていないと考えられるという)。

「Notepad++ 7.3.3」はWebサイトからダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック