PR

HPE、小規模システム向けコンパクトサーバ「HPE ProLiant Thin Micro TM200」を発表、ProLiant史上最小サイズ

2017年3月20日(月)

 日本ヒューレット・パッカードは3月9日、ハイブリッドITの実現を支援する、小規模システム向けの新サーバ「HPE ProLiant Thin Micro TM200」を提供開始した。

「HPE ProLiant TM200」はクラウド連携を前提として開発されたサーバ。「HPE ProLiant」シリーズの中でもっともコンパクトなサイズの筐体を持ち、スタンドや壁掛けなどユニークな設置オプションにより、利用シーンに応じて様々なスタイルで設置できるのが特徴。コンパクトでありながら、オンプレミスサーバに必要とされる「HPE ProLiant」の持つ信頼性や管理性といったサーバならではのクオリティを継承している。

「HPE ProLiant TM200」は、各種サーバOSに加え、仮想化ハイパーバイザーをサポートしており、クラウド連携のソフトウェアに柔軟に対応する。また、「HPE ProLiant」標準搭載の管理チップIntegrated Lights-out 4が、「HPE ProLiant TM200」にも搭載されている。リモート管理や電力管理だけでなく、サーバの導入、運用(監視)、保守といったライフサイクル全般に対して管理機能を提供する。

「HPE ProLiant TM200」には、4コアのインテル Xeon プロセッサ D-1518を1基搭載した、最大64GBのメモリを搭載可能な「HPE ProLiant TM200 Xeon D-1518 2.20GHz 1P/4C 8GBメモリ ディスクレス モデル」と、8コアのインテル Xeon プロセッサ D-1537を1基搭載した、最大64GBのメモリを搭載可能な「HPE ProLiant TM200 Xeon D-1537 1.70GHz 1P/8C 8GBメモリ ディスクレス モデル」が用意されている。標準価格は、「HPE ProLiant TM200 (Xeon D-1518)」が171,000円、「HPE ProLiant TM200 (Xeon D-1537)」が212,000円。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービスのご案内

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスのご案内