PR

ぷらっとホーム、IoTゲートウェイ「OpenBlocks IoT Family」の機能を大幅に強化するファームウェアを提供開始

2017年3月19日(日)

 ぷらっとホームは3月15日、IoTゲートウェイ製品「OpenBlocks IoT BX0・BX1・BX3・EX1」を対象に、IoTシステム構築を支援するファームウェア「IoT Gateway Firmware 2.1」を提供開始したと発表した。

 「IoT Gateway Firmware 2.1」は、Debian GNU/Linux 8をベースとし、独立したグラフィカルな管理用ユーザインターフェース「WEB UI」、様々なIoTデバイスとOpenBlocks IoT Familyの通信をハンドリングするソフトウェア「PD Handler」、様々なIoTクラウドとOpenBlocks IoT Familyの通信を行うソフトウェア「PD Emitter」が標準で含まれている。さらに OpenBlocks IoT Family上で視覚的にプログラミング可能な「Node-RED」を搭載し、プロトタイピングから本番導入まで、エッジコンピューティングの容易な実現を支援する。また、2017年4月よりサービス開始となるIoTゲートウェイ統合遠隔管理サービス「AirManage for IoT」にも対応し、複数拠点に設置されたOpenBlocks IoT Familyの遠隔監視、リモートWEB UIアクセス、リモートアップデート機能が利用可能。

「IoT Gateway Firmware 2.1」は、3月21日以降に「OpenBlocks IoT Family」製品に搭載される。既に該当製品を利用中のユーザもファームウェアアップデート(3月15日より提供開始済み)の実施により、「IoT Gateway Firmware 2.1」の機能を利用できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック