PR

Malwarebytesが2017年第1四半期のサイバー攻撃動向レポートを発表、大きな変動が観測される

2017年4月19日(水)

Malwarebytesは4月13日(現地時間)、2017年第1四半期におけるサイバー攻撃の動向レポートを発表した。この中で同社は、サイバー攻撃に関してこの四半期で大きな変動が見られたと指摘している。

2017年第1四半期に観測されたサイバー攻撃の主な動向は
○ランサムウェア「Cerber」の急激な流行、占有率は1位に
○ランサムウェア「Locky」の急激な活動縮小、本四半期で新しいバージョンが確認されず
○Mac OS Xを標的としたバックドア・ランサムウェアなどが増加
○Androidにおいて、「HiddenAds.lck」「Jisut」マルウェアが猛威を振るう
○暗号化ZIPファイルや保護されたOfficeドキュメントによって検出を回避するスパムが増加
などとなっている。

また、この発表の中で、2017年第2四半期における予測として、「Cerber」の流行の継続、新種のランサムウェア、Mac OS Xを標的としたマルウェアの増加などを挙げている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースアナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック