PR

パッケージ作成ツール「Open Build Service 2.8」リリース

2017年4月19日(水)

openSUSEは4月7日、パッケージ作成ツール「Open Build Service 2.8」を公開した。

「Open Build Service」(OBS)は、「openSUSE Build Service」が名称変更されたツール。このツールを利用すると、RPMやDEB形式などさまざなま形式のLinux向けパッケージを作成できる。ソースコードからバイナリパッケージを作成する一連の作業を自動化しており、今回の「OBS 2.8」ではユーザーインターフェイス、API、バックエンドが強化されている。

「OBS 2.8」では、openSUSE、SUSE Linux、Debian、Red Hat Enterprise Linux、Fedora、CentOS、Ubuntu、Arch Linuxなど、主要なLinuxディストリビューションをカバーしている。OBS 2.4および付随するコンポーネントは、Webサイトに公開されている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービスのご案内

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスのご案内