PR

テクマトリックス、Java対応テスト自動化ツール「Jtest 10.3.1」を発表

2017年6月2日(金)

テクマトリックスは5月17日、Java対応テスト自動化ツール「Jtest 10.3.1」を発表した。

「Jtest」は、米Parasoftが開発した、Javaシステム開発とテスト工数の削減を支援するツール。1000個以上のコーディングルールを基にソースコードを静的に解析し、プログラムの問題点やクラスを横断した特定の処理フローにおいて検出困難なエラーを検出する。

「Jtest 10.3.1」では、一般に普及するオープンソースの単体テストフレームワークJUnitをベースとした、単体テストを効率化する機能を搭載した。テスト対象のメソッドのテストクラスやテストメソッドのテンプレートをパラメータライズドテストとして作成し、モックオブジェクトの生成や単体テストのカバレッジの計測を行うことができる。また、単体テストを実行したときの処理の流れをモックの呼び出しを含めて確認できるため、テスト実行時の動作把握に役立てることができる。
 
 その他にも静的解析機能にフロー解析で利用するルールにセキュリティに関するルールを複数追加する、Eclipse 4.6やIntelliJ 2016.3、NetBeans 8.2に対応するなどの強化が加わっている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック