PR

IBM、ディープラーニング高速化技術「Distributed Deep Learning(DDL)」を発表、従来の記録を大幅に更新

2017年8月17日(木)

IBMリサーチは8月8日、ディープラーニングを高速化する技術「Distributed Deep Learning(DDL)」をリリースした。

「DDL」は、「TensorFlow」「Caffee」「Torch」「Chainer」といった主要なオープンソースのAIフレームワークが利用でき、数百に上るGPUを駆使してスケール化できるようになった。これによって、従来に比べてトレーニング時間が大幅に短縮されたという。また、学習結果も向上しており、マイクロソフトの持つ「10日間で達成した画像認識率29.9%」という従来の記録を「7時間で33.8%」と大幅に更新したとしている。

「DDL」は、オンプレミスだけでなく、クラウドプロバイダ「Nimbix」を経由してクラウド上でも利用できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースアナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック