PR

「VMware Workstation 14」および「VMware Fusion 10」リリース

2017年9月29日(金)

VMwareは9月22日(現地時間)、「VMware Workstation 14」および「VMWare Fusion 10」をリリースした。

「VMware Workstation」は、仮想化環境を提供するソフトウェア。1台のPCで複数の仮想マシンを動作させる環境を構築できる。「VMware Workstation 14」では、「Windows 10 Creators Update」をホスト・ゲスト共にサポートしたほか、ゲストOSとして「Ubuntu 17.04」「Fedora 26」「CentOS 7.4」「RHEL 7.4」「Debian 9.1」「Oracle Linux 7.4」「SLE 12 SP3」「OpenSUSE 42.3」をサポートした。

「VMware Fusion」は、Mac OS Xをホストとして利用できる仮想環境ソフトウェア。Mac OS X、Windows、Linux向けアプリケーションをMac OS X上で構築、テスト・デモすることができる。「VMware Fusion 10」では、MacOS X 10.13 High Sierra、Windows 10 Fall Creators Update、Windows 10、Windows Server 2016などをサポートした。

「VMware Workstation」「VMware Fusion」共に個人利用・非商用に限り無償で利用できる「Player」と、複数の仮想マシンの同時実行や暗号化などを備えた有償版「Pro」が用意されている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
VMware Workstation

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック