PR

Cisco、WPA2の脆弱性に関するサポートサイトを公開

2017年10月25日(水)

Ciscoは10月16日(現地時間)、世界中のWi-Fi機器に悪影響を与える可能性があると言われているWPA2の脆弱性について、情報を提供するサポートサイトを開設した。

今回公開されたサポートサイトでは、脆弱性が存在する製品、アップデートが提供されている製品の情報が掲載されている。なお、情報は逐次的にアップデートされている。

Cisco製品のユーザは、このサイトで情報を確認し、アップデートが提供されている場合には早急にアップデートを適用する必要がある。アップデートが提供されていない場合であっても、情報は逐次更新されるため、サイトを定期的に参照し、アップデートが提供された場合に早急にアップデートを適用することが必要となる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Ciscoが公開したサイト

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

Cisco、WPA2の脆弱性に関するサポートサイトを公開 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。