PR

「FreeBSD 12.0-RELEASE」リリース

2018年12月21日(金)

FreeBSD Projectは12月11日(現地時間)、FreeBSD RELEASEバージョンの最新版、「FreeBSD 12.0-RELEASE」をリリースした。amd64、i386、sparc64、powerpc、powerpc64、armv6、armv7、aarch64などをサポートしている。

「FreeBSD 12.0-RELEASE」は、新しい系列「FreeBSD 12系列」の最初のリリースとなる。FreeBSD 12.0-RELEASEでは、パニック発生時にダンプを他のホストに送信する「netdump(4)ドライバ」を実装したほか、vt(4)ドライバのテキストレンダリング性能を2~6倍の速度に向上させた、Jail仮想化機能のサポートなど、各アプリケーションのバージョンアップなどが施されている。

「FreeBSD 12.0-RELEASE」は、ミラーサイトなどから無償でダウンロード・利用できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースアナウンス
リリースノート

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る