PR

「FreeBSD 12.0-RELEASE」リリース

2018年12月21日(金)

FreeBSD Projectは12月11日(現地時間)、FreeBSD RELEASEバージョンの最新版、「FreeBSD 12.0-RELEASE」をリリースした。amd64、i386、sparc64、powerpc、powerpc64、armv6、armv7、aarch64などをサポートしている。

「FreeBSD 12.0-RELEASE」は、新しい系列「FreeBSD 12系列」の最初のリリースとなる。FreeBSD 12.0-RELEASEでは、パニック発生時にダンプを他のホストに送信する「netdump(4)ドライバ」を実装したほか、vt(4)ドライバのテキストレンダリング性能を2~6倍の速度に向上させた、Jail仮想化機能のサポートなど、各アプリケーションのバージョンアップなどが施されている。

「FreeBSD 12.0-RELEASE」は、ミラーサイトなどから無償でダウンロード・利用できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースアナウンス
リリースノート

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック