PR

The Linux Foundation、Linuxカーネル開発に関するレポートを公開

2017年10月31日(火)

 The Linux Foundationは10月25日、「Linuxカーネル開発に関するレポート」を公開した。

 今回発表されたレポートによると、2005年のGitによる管理システムが採用されてから、約15,000人の開発者がLinuxカーネル開発に貢献してきたとしている。2016年以降では、500社以上に所属する約4300人の開発者が開発に貢献しており、そのうち1670人が新たに開発に参加したという。

 開発者と企業の増加と平行して、開発の速度も上昇を続けている。2015~2016年の間には、1時間あたり平均7.8件のパッチが作成され、1時間あたり平均8.5件の変更が施された。新バージョンのリリース間隔は概ね63日または70日のいずれかとなっており、次のリリースの予測がしやすくなっているという。なお、リリースあたりの開発所要時間は平均67.66日。

 Linux kernelは現在、パブリッククラウド分野で90%、スマートフォン分野で82%、組み込み分野で62%、スーパーコンピュータ分野で99%のシェアを持っているとしている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
アナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

The Linux Foundation、Linuxカーネル開発に関するレポートを公開 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。