PR

カスペルスキー、Linuxメールサーバ用セキュリティ製品「Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server」の最新版を提供開始

2017年10月28日(土)

カスペルスキーは10月26日、Linuxメールサーバ用セキュリティ製品「Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server」の最新版(バージョン8.0.2.16)を提供開始した。

 「Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server」は、Linuxメールサーバー向けに、マクロを含む添付ファイルのメールの自動削除機能、SPF/DKIM/DMARCといった送信ドメイン認証技術によるなりすまし防止の強化、処理結果のログへの記録、高度な標的型攻撃を発見する「Kaspersky Anti Targeted Attack Platform」と連携することで高度な標的型攻撃へ対応するなど、悪意のあるユーザからシステムとユーザを保護する機能を多数備えている。今回のバージョンでは、「Red Hat Enterprise Linux 7.3」「CentOS 7.3」「Debian GNU/Linux 8.8、9.0」「FreeBSD 11」など、最新のOSに対応している。

 「Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server」の新規ライセンス価格は最小構成の10ユーザライセンスで27,900円からとなっている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る