PR

MS-DOS互換のオープンソースOS「PC-MOS/386 5.01」リリース

2017年10月31日(火)

MS-DOS互換のオペレーティングシステム「PC-MOS/386 v5.01」がオープンソースとしてリリースされた。

 「PC-MOS」は、1980年代に開発されたMS-DOS互換OS。PC-MOSは長らく開発が停止していたが、以前のソースコードが記録されたメディア(3.5インチフロッピーディスク)が発見されたことから開発が再開し、オープンソースソフトウェアとしてリリースされた。MS-DOSで動作していたコードやソフトウェアなどを動作させることが可能。

 「PC-MOS/386 v5.01」を動作させるためには、たとえばddコマンドを利用してブート可能なイメージを生成し、これを「VMWare Workstation」や「Oracle VM VirtualBox」などで実行させるなどの方法がある。

 「PC-MOS/386 v5.01」は、GPLv3の下で配布されており、GitHubから入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
GitHub

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック