PR

「ReactOS 0.4.7」リリース

2017年12月9日(土)

reactos.orgは12月6日(現地時間)、「ReactOS 0.4.7」をリリースした。

「ReactOS」は、Windows向けのソフトウェアやドライバなどを動作させることができることを目指したオープンソースのオペレーティングシステム。「ReactOS 0.4.7」は、2016年2月に10年ぶりの公開となった「ReactOS 0.4」の最新アップデートリリースとなる。

「ReactOS 0.4.7」は、2017年9月にリリースされた「0.4.6」以来のアップデートリリースとなる。「ReactOS 0.4.7」ではファイルシステム「Ext2」、「Ext3」、「Ext4」、「BtrFS」、「ReiserFS」、「NFS」、「FFS」といった、Windowsが対応していないファイルシステムをサポートした。また、Windows 2003のfsutilツールを実装したほか、複数のバグフィクスが施され、安定性の向上が図られている。

「ReactOS」は、Webサイトからダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースアナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック