PR

NTTデータ先端技術、システム構築や設定変更の自動化を効率的に実施するためのオーケストレーションフレームワーク「Cloudify」の取り扱いを開始

2017年12月9日(土)

NTTデータ先端技術は12月6日、システム構築や設定変更の自動化を効率的に実施するためのオーケストレーションフレームワーク「Cloudify」の取り扱いを開始すると発表した。

「Cloudify」はCloudify Platformによって開発されたオープンソースのクラウドオーケストレーションフレームワーク。企業が管理するオンプレミスの多様なサーバやネットワーク装置に加え、複数クラウドも一括で制御することで、システム構築や設定変更の自動化が期待されるという。

今回取り扱いを開始するCloudifyの特徴は、「インストールや設定といった初期段階だけでなく、デプロイメント後の設定変更やリソースの追加などにも追従可能」、「TOSCAに準拠したモデルで記述され、特定のクラウドやネットワーク機器に依存しない形での表現が可能」、「クラウド(OpenStackやAWS)、インフラストラクチャー(VMwareやDocker)、ネットワーク装置(Netconf)、ツール(ChefやPuppet、SSHまで)を制御するためのプラグイン」、「独自スクリプトや独自プラグインの実装も容易」となっている。

Cloudifyを用いることで、制御対象となるクラウド基盤やネットワーク装置の機能が抽象化されるため、機器更改や変更によるシステム改修が抑えられ、運用管理システムを低コストで維持することが可能になる。また、シナリオに従ったシステム基盤全体の制御が可能になるため、運用コストの削減、短時間でのシステム設定変更が実現できるとしている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース
製品情報

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック