PR

Linux上でWindowsアプリケーションを動作させるソフトウェア「Wine 3.0」リリース

2018年1月21日(日)

Wine HQは1月18日(現地時間)、x86アーキテクチャ上の LinuxなどでWindows向けアプリケーションを動作させるソフトウェアWineの最新版、「Wine 3.0」をリリースした。

Wineは「Wine Is Not an Emulator」の略称であり、その名の通りエミュレータを動作させるのではなく、Windowsアプリケーションをネイティブ動作させるソフトウェア。X Window Systemを利用して、Windows向けのGUIアプリケーションを動作させることができる。

Wine 3.0では、「Direct3D 10/11」がサポートされたほか、非同期Direct3D Command Streamもサポートし3Dへの対応が強化された。また、「DirectWrite」と「Direct2D」のサポート強化、Androidグラフィックドライバの強化など、複数の強化が図られている。

Wine 3.0は、Webサイトから無償でダウンロード・利用できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースアナウンス(英語)

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック