PR

systemdにDoSを受ける危険のある脆弱性が発見される

2018年1月27日(土)

Linuxで利用されているブート処理システム「systemd」に重要な脆弱性が発見された。CVE-2018-1049に指摘されている。

今回発見された脆弱性は、.mountユニットと.automountユニットが競合状態になってしまい、これを悪用されるとDoS攻撃を受ける危険がある。この脆弱性はsystemdを利用しているすべてのLinuxディストリビューションに影響するため、該当するユーザ・管理者は、速やかにアップデートを適用する必要がある。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
CVE-2018-1049(DebianのErrata)

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック