PR

LinuxカーネルにリモートからDoS攻撃を受ける危険のある脆弱性

2017年2月13日(月)

Linux kernelにDoS攻撃を受ける危険のある脆弱性が発見された(CVE-2017-5970)。リモートからIPオプションに細工を施したパケットを送ることによって、カーネルがクラッシュする危険があるという。

この脆弱性に対応するパッチが公開されており、Linuxのベンダーはアップデートを公開している。Linuxのユーザは速やかにパッチを適用するか、各ベンダーから提供されているカーネルのアッグレードを行うことが強く推奨される。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
DebianのErrata

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービスのご案内

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスのご案内