PR

rubyonrails.org、「Rails 5.2」をリリース

2018年4月15日(日)

rubyonrails.orgは4月9日(現地時間)、「Rails 5.2」をリリースした。

「Rails」は、Rubyで実装されたオープンソースのWebアプリケーションフレームワーク。「Rails 5.2」では、新しいフレームワーク「Action Cable」が採用された。このフレームワークでは、コネクション、サーバサイドチャネルレイヤ、クライアントサイドJavaScriptレイヤを統合した管理機能が提供される。その他にも新しいAPIが提供されているほか、安定性の向上などが施されている。

「Rails 5.2」では、Active Storageフレームワークを採用することで、コンテンツをクラウドに直接アップロードできるようになっているほか、Redis キャッシュストアの導入、early hintsのサポートなど、複数の機能の新規採用、強化および安定性の強化が施されている。施されている。

「Rails 5.2」は、GitHubから入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースアナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

rubyonrails.org、「Rails 5.2」をリリース | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。