PR

クライアントサイドMVCフレームワーク「Ember 3.2」リリース

2018年7月9日(月)

emberjs.comは7月2日(現地時間)、クライアントサイドMVCフレームワーク「Ember 3.2」をリリースした。

Ember.jsは、クライアントサイドのMVCフレームワーク。「SproutCore」というMVCフレームワークの派生成果物であり、MVCを生かした高い性能と速度が特徴となっている。GUIアプリケーションの開発手法の考え方をWeb開発に採り入れている

「Ember 3.2」では、letテンプレートの追加、コンピュートプロパティオブジェクトが利用可能になるなど、複数の機能強化が施されている。

「Ember 3.2」は、Webサイトから無償でダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック